【高橋 康史】ケミカルマッピングを実現するナノ電気化学顕微鏡の創成

さきがけ研究者

高橋 康史

高橋 康史

金沢大学
理工研究域
准教授

研究概要

細胞の構造と機能をシームレスで結びつける上で、動的に変化を続ける化学情報の定量評価が求められています。また、細胞の微小器官を経時的に評価するには、局所にストレスを与える“摂動技術”と、低侵襲かつ局所的な分析技術の融合が不可欠です。そこで、ナノ複合電極をプローブとして用いて、細胞の局所的な観察・刺激・センシングが可能なナノ電気化学顕微鏡により、細胞の構造と機能をナノスケールで結びつけます。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望