【加藤 洋人】ヒトshRNAと微生物cDNAを利用した機能的ゲノミクス・スクリーニングに基づく新しい代謝標的がん治療開発技術の創出

さきがけ研究者

加藤 洋人
加藤 洋人
東京医科歯科大学
難治疾患研究所ゲノム病理学分野
助教

研究概要

がんは代謝異常を包含する疾患ですが、がん細胞の「特定の代謝活性に対する依存性」という特性に着目することで、新しいがん治療法を開発することが可能だと考えられます。本研究では、ヒトshRNAや微生物cDNAを駆使しながら、新しいゲノミクス・スクリーニング法を用いて新規がん治療標的の同定を目指します。 「既知のヒト代謝経路」という枠組みを越えた予想外のがん治療標的探索が期待されます。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ERATO
  • ACCEL
  • ACT-C
  • 国際化強化支援
  • ALCA
  • RISTEX
  • ACT-I
  • 戦略的イノベーション創出推進プログラム
  • 先端計測分析技術・機器開発プログラム
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望