【魏 范研】RNAモドミクスの確立及び神経・精神疾患への応用

さきがけ研究者

魏 范研
魏 范研
熊本大学
大学院生命科学研究部
准教授

研究概要

知能低下を伴う神経疾患は難治性疾患であり、適切なマーカーによる診断法の樹立及び効果的な治療薬の開発が期待されています。本研究では、神経疾患の発症に関わるRNAの転写後修飾を高感度かつ網羅的に解析する技術の開発により、RNA修飾を診断マーカーとした神経疾患の新規診断法の確立を目指します。さらに、修飾異常による神経疾患発症機構を分子レベルで解明することで、新薬開発のための基盤技術創出を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望