タンパク質分子上に形成されるアダクトーム解析法の確立

さきがけ研究者


柴田 貴広

名古屋大学 大学院生命農学研究科
准教授

研究概要

酸化ストレスや炎症条件下において生成される酸化脂肪酸類は、タンパク質と反応し多種多様な付加体を形成します。こうしたタンパク質修飾付加体は、疾患実態を反映するよい指標となるものと考えられます。本研究では、タンパク質修飾構造複合体を”タンパク質アダクトーム”として捉え、修飾付加体の網羅的解析法の確立を行います。また、この解析方法を利用して疾患特異的なマーカーの同定を目指します。

さきがけ研究者の紹介

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望