[革新材料開発] 実験と理論・計算・データ科学を融合した材料開発の革新

戦略目標

「実験とデータ科学等の融合による革新的材料開発手法の構築」

研究総括

pic

細野 秀雄 (東京工業大学 科学技術創成研究院 教授)

概要

 本研究領域では、これまで実施されてきた物質・材料開発の基本となる実験科学と、理論、計算、データ科学とを融合させることにより、革新的材料開発へとつながる手法の構築を目指します。具体的には、高い社会的ニーズがあるものの、未だ達成されていない材料や機能をターゲットにして、その実現に向けた研究を新しい体制で行うことで、これまで世界をリードしてきた日本の材料研究の新しいスタイルを提示します。物質科学にとどまらず、実材料への展開に不可欠な複雑系にも踏み込んだ研究を対象とします。
 体制として、材料に関する実験系を軸に、理論系、計算系、データ系研究者でチームを構成し、密に連携しながら研究を推進します。
 これらを通じて、革新的な新規材料開発手法を提示し、我が国の産業競争力の向上に貢献します。

領域アドバイザー

石田 清仁 東北大学 名誉教授
伊藤 耕三 内閣府 革新的研究開発推進プログラム プログラム・マネージャー
東京大学 大学院新領域創成科学研究科 教授
伊藤 聡 物質・材料研究機構 情報統合型物質・材料研究拠点 拠点長
稲垣 伸二 (株)豊田中央研究所 シニアフェロー/稲垣特別研究室 室長
楠 美智子 名古屋大学 未来材料・システム研究所 教授
高田 昌樹 東北大学 多元物質科学研究所 教授
津田 宏治 東京大学 大学院新領域創成科学研究科 教授
時任 静士 山形大学 大学院有機材料システム研究科 卓越研究教授/
有機エレクトロニクス研究センター長
中川 淳一 新日鐵住金(株)技術開発本部 先端技術研究所 数理科学研究部
上席主幹研究員
山口 周 東京大学 大学院工学系研究科 教授
山崎 聡 産業技術総合研究所 先進パワーエレクトロニクス研究センター 招聘研究員
吉田 博 東京大学 大学院工学系研究科 スピントロニクス学術連携研究教育センター
特任研究員(上席研究員)

領域運営アドバイザー

浅見 正弘 富士フイルム株式会社 フェロー
佐川 眞人 大同特殊鋼株式会社 顧問/
NDFEB株式会社 代表取締役
吉野 彰 旭化成株式会社 名誉フェロー

採択課題一覧

  1. 平成29年度採択課題

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望