【角田 達彦】医学・医療における臨床・全ゲノム・オミックスのビッグデータの解析に基づく疾患の原因探索・亜病態分類とリスク予測


研究代表者

角田 達彦

角田 達彦

東京医科歯科大学 難治疾患研究所

教授


研究概要

47疾患33万症例のバイオバンク、患者由来の多層オミックス、リウマチと肝炎の前向き観察コホート等の国内屈指のゲノム・臨床データと外部の多種多様な分子データを加え国際的にもユニークなビッグデータを構成し、最先端の統計学・情報学を駆使した統合解析を戦略的に行い、個人ごとの疾患発症、薬剤効果、副作用の予測と予防が可能なオーダーメイド医療の根幹の確立をめざします。併せて近未来の新しい医療ビックデータの解析基盤を支える技術の開発研究を行います。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望