【加藤 隆史】ソフトナノ空間を形成する自己組織化液晶高分子を基盤とする革新的輸送材料の創製


研究代表者

加藤 隆史

加藤 隆史

東京大学 大学院工学系研究科

教授


研究概要

環境中に問題物質の無い安全安心社会、限られた資源やエネルギーを無駄にせず有効に活用する社会をつくるために、必要なモノを必要な量だけ運び、また分離する材料の開発は極めて重要になってきています。本研究では、直径のそろったナノメータサイズの連続的な孔を有する材料である「自己組織化ナノ液晶高分子」を創製します。この新しい材料を膜として用いて、水の浄化を行い、微量有害物質やウイルスを選択的に除去して、環境・ライフの問題の解決に貢献します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望