【浅野 種正】異種機能コデザインによるテラヘルツ帯ビデオイメージングデバイスの開発


研究代表者

浅野 種正

浅野 種正

九州大学 大学院システム情報科学研究院

教授


研究概要

電波と光の性質を併せ持つテラヘルツ電磁波を利用すると、煙の中の人を見るなど、これまでのカメラでは見えなかった物を見ることができ、災害救助、犯罪防止、資源探査、医療、創薬など多くの分野で新しいサービスを提供できます。本研究では電子が高速に移動できる新半導体を素材とする高性能トランジスタと極限まで雑音を低減したLSIを先進の常温実装技術で融合し、電磁波感度を従来比500倍に高め、実用的なテラヘルツビデオカメラ用撮像デバイスを創出します。


主たる共同研究者
前田 辰郎 産業技術総合研究所 ナノエレクトロニクス研究部門 研究主幹
池田 誠 東京大学 大学院工学系研究科 教授
小倉 睦郎 アイアールスペック株式会社 技術部 技術担当取締役

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望