【藤代 芳伸】新規固体酸化物形共電解反応セルを用いた革新的エネルギーキャリア合成技術(キャリアファーム共電解技術)の開発


研究代表者

藤代 芳伸

藤代 芳伸

産業技術総合研究所
無機機能材料研究部門
副部門長


研究概要

本研究では、再生可能エネルギーを有効利用するために、輸送・貯蔵の観点から既存のインフラ設備を利用できるジメチルエーテル(DME)やメタン等の革新的なエネルギーキャリア高効率合成技術を開発し、国内のエネルギー産業や化学産業の発展に寄与することを目指します。 具体的には、多段式電気化学セル製造技術やその触媒機能電極技術等を開発し、従来の技術では困難であった水蒸気と二酸化炭素の高効率かつ同時電気分解(共電解)技術を開発し、燃料合成電極技術を効果的に融合することで、効率を飛躍的に高めたエネルギーキャリア直接合成技術(キャリアファーム共電解技術と呼ぶ)を開発します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望