【安藤 敏夫】ATP/GTP が駆動するタンパク質マシナリーの動的構造生命科学


研究代表者

安藤 敏夫

安藤 敏夫

金沢大学 理工研究域バイオAFM先端研究センター
特任教授

研究室ホームページ


研究概要

ATP分解酵素/GTP分解酵素の多くは、動く、引っ張る、押す、解く、絞るといった力学的作用を生み出し、様々な生命現象を支えています。本研究では、ATP/GTPで駆動される多彩なタンパク質マシナリーが働いている現場を直に観る、時には分子を操作する新しい手法により、機能発現機序、複数のサブユニット間の協調メカニズムと作用、化学・力学エネルギー変換の本質の解明研究を推進し、新しい構造生命科学を開拓します。


主たる共同研究者
小椋 光 熊本大学 発生医学研究所 教授
竹居 孝二 岡山大学 大学院医歯薬学総合研究科 教授

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域