【伊東 忍】後周期遷移金属オキシラジカル錯体によるメタンの酸化反応


研究代表者

伊東 忍

大阪大学
大学院工学研究科
教授


研究概要

本研究では、これまで未解明であった後周期遷移金属オキシラジカル種の酸化機能に着目し、メタンなどのガス状アルカンの温和な条件下における水酸化反応を可能とする革新的な触媒技術の開発をめざします。具体的には、①酸素分子からオキシラジカル活性種の効率的な発生方法の確立、②ガス状アルカンの効率的な取り込み場を導入した触媒システムの構築、③ガス状基質の酸化のための反応システムの開発、を行います。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望