【山中 一郎】反応場分離を利用したメタン資源化触媒の創成


研究代表者

山中 一郎

山中 一郎

東京工業大学
物質理工学院
教授

研究室ホームページ


研究概要

メタンの転換反応におけるC-H結合活性化と官能基化に対して空間・時間的な反応場分離の概念を組み込んだ反応場分離型触媒を開拓し、エチレン、ベンゼン、メタノール等の有用化合物の選択合成を実現します。この際、従来の絨毯爆撃的な探索は行わず、既知の触媒物質と触媒と認知されていない新規物質の物性とC-H解離能の関係からマテリアルズ・インフォマティクスを構築して触媒物質候補を予測し、研究を効率的に推進します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望