【塩見 淳一郎】メカノ・サーマル機能化による 多機能汎用熱電デバイスの開発


研究代表者

塩見 淳一郎

東京大学
大学院工学系研究科
教授

研究室ホームページ


研究概要

IoT用センサーの自立電源としての応用等を目的として、熱電発電デバイスに、機械的特性と熱電特性を複合した新しい機能を材料レベル(材料内部のナノ構造や局所ひずみを利用して安価材料を高効率化)とデバイスレベル(熱電性能を犠牲にせずに発電モジュールを超柔軟化)で付加します。これによって、費用対効果および複雑熱源(粗面・曲面・伸縮面)での設置性・熱回収性を大幅に向上し、熱電発電技術の実用化と普及を加速させます。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望