【渡邉 孝信】計算フォノニクスを駆使したオン・シリコン熱電デバイスの開発


研究代表者

渡邉 孝信

渡邉 孝信

早稲田大学
理工学術院
教授

研究室ホームページ


研究概要

環境の微小な熱エネルギーで動作するセンサ・ノードを実現するため、超LSI製造技術との親和性が高い、ナノワイヤ型半導体結晶を用いた”オン・シリコン”熱電発電デバイスを開発します。当研究チームが得意とする計算科学と先端計測の手法を駆使して、半導体と金属の微小界面におけるフォノンと電子の振る舞いを明らかにし、ナノスケール半導体の優れた熱電発電能力を最大限に引き出す金属電極形成技術の確立を目指します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望