プロセスインテグレーションに向けた高機能ナノ構造体の創出

1.研究領域の概要

次世代ナノシステムを効率よく自在に創りあげるには、トップダウンプロセスとボトムアッププロセスとの有機的な結合が欠かせません。
本研究領域では、分子レベルにおける精緻なナノ構造、機能をマクロレベルの材料の構造、機能に繋げる方策を探り、ボトムアッププロセスでしか達成されない特異な構造、機能をそなえた自立した高機能ナノ構造体を創出することをめざしています。分子、超分子レベルでは、分子機械、分子モーター、人工筋肉など精緻な構造の構築、特異な機能の発現も報告されていますが、これらのナノ構造体を自己組織化、自己集積化し、マクロレベルの材料の構造、機能に繋げることには成功していません。分子触媒、固体触媒について言えば、精緻な分子・構造設計に加え、自己組織化、自己構造化により、多段階反応のワンポット合成などこれまでにない高度な機能をもった触媒の開発が望まれています。
分子材料は、その多様性を活かすことによりいかようにも姿を変えるポテンシャルを持っています。このポテンシャルを見据えて、分子レベルにおいて実現している精緻な構造、機能(化学、物理刺激応答性、触媒機能、導電性、磁性など)を、ボトムアッププロセスにより、マクロなreal worldの材料に繋げる道筋をつけ、特異な機能をもった自立した高機能ナノ構造体を創出することを本領域の目的としています。

2.事後評価の概要

2-1.評価の目的、方法、評価項目及び基準

戦略的創造研究推進事業CRESTにおける事後評価の目的、方法、評価項目及び基準に沿って実施した。

2-2.評価対象研究代表者及び研究課題

平成22年度採択課題

(1)阿部 二朗 (青山学院大学 理工学部 教授)
高速フォトクロミック分子の高性能化と新機能創成

(2)阿波賀 邦夫 (名古屋大学 大学院理学研究科 教授)
ナノラジカル界面からの電子機能発現

(3)大越 慎一 (東京大学 大学院理学系研究科 教授)
磁気化学を基盤とした新機能ナノ構造物質のボトムアップ創成

(4)山口 茂弘 (名古屋大学 大学院理学研究科 教授)
ソフトπマテリアルの創製と機能発現

(5)山子 茂 (京都大学 化学研究所 教授)
超分子化学的アプローチによる環状π共役分子の創製とその機能

平成21年度採択研究課題(1年延長課題)

(6)石原 一彰 (名古屋大学 大学院工学研究科 教授)
酸・塩基複合型超分子動的錯体を鍵とする高機能触媒の創製

2-3.事後評価会の実施時期

平成27年10月24日(土)

2-4.評価者

研究総括
入江 正浩 九州大学 名誉教授
領域アドバイザー
相田 卓三 東京大学 大学院工学系研究科 教授
井上 隆 山形大学 大学院理工学研究科 客員教授
岩本 正和 中央大学 研究開発機構 教授
上田 充 山形大学 大学院理工学研究科 特任教授
神奈川大学 工学部化学教室 客員教授
大須賀 篤弘 京都大学 大学院理学研究科 教授
河田 聡 大阪大学 大学院工学研究科 教授
小島 秀子 早稲田大学 ナノ・ライフ創新研究機構 客員教授
西村 紀 神戸大学 大学院医学研究科 質量分析総合センター 客員教授
橋本 和仁 物質・材料研究機構 理事長/東京大学 大学院工学系研究科 教授
吉川 研一 同志社大学 生命医科学部医情報学科 教授
外部評価者
該当なし

3.事後評価評点の基準

A+ 期待を超える十分な成果が得られている
A  期待通りの成果が得られている
B  成果がやや不足している
C  成果が著しく不足している

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望