トップページ >> CREST・さきがけ・ACT-Iの概要

[本文]

CREST・さきがけ・ACT-Iの概要

戦略的創造研究推進事業の目的

 本事業は、国が定めた方針の下で戦略的な基礎研究を推進し、社会・経済の変革をもたらす科学技術イノベーションを生み出す、新たな科学知識に基づく革新的技術のシーズを創出することを目的としています。

戦略的創造研究推進事業の概要

 国の科学技術政策や社会的・経済的ニーズ等を踏まえて国(文部科学省)が設定する「戦略目標」の下に、推進すべき研究領域と研究領域の責任者である研究総括(プログラムオフィサー)をJSTが定めます。研究総括は、戦略目標の達成へ向けて、科学技術イノベーションを生み出す革新的技術のシーズの創出を目指した戦略的な基礎研究を推進します。
 本事業全体の運営方針や制度改革の検討・立案は、研究主監(プログラムディレクター)が行います。本事業のうち、「CREST」(研究代表者が率いる研究チームにより研究課題を推進)、「さきがけ」および「ACT-I」(個人研究者が研究課題を推進)では、研究主監による事前評価に基づいて、JSTが研究領域と研究総括(プログラムオフィサー)を定めます。
 研究総括は、研究領域を「ネットワーク型研究所」として運営します。具体的には、研究総括が研究所長の役割を果たして、既存組織や分野、産・学・官の枠を超えた最適な研究者・研究課題を編成して時限的な研究体制を構築し、領域アドバイザー等の協力を得ながら戦略目標の達成に向けて研究領域を運営します。CRESTの研究代表者およびさきがけ・ACT-Iの個人研究者は、研究総括の運営方針の下でその支援等を受けつつ、科学技術イノベーションへの展開を見据えて領域アドバイザー等との対話や参加研究者間の相互連携を行うとともに、国内外との連携によるネットワークを自ら積極的に形成・活用しながら、自らが立案した研究課題を推進します。

各研究タイプの概要と特徴

(1) 「CREST」の概要・特徴

a. 国が定める戦略目標の達成に向けて、独創的で国際的に高い水準の目的基礎研究を推進します。今後の科学技術イノベーションに大きく寄与する卓越した成果を創出することを目的とするネットワーク型研究(チーム型)です。
b. 研究領域の責任者である研究総括が、産・学・官の各機関に所在する研究代表者を総括し、研究領域を「ネットワーク型研究所」として運営します。研究総括は、その研究所長の役割を果たす責任者として、領域アドバイザー等の協力を得ながら以下の手段を通じて研究領域を運営します。
  • 研究領域の運営方針の策定
  • 研究課題の選考
  • 研究計画(研究費、研究チーム編成を含む)の調整・承認
  • 各研究代表者が研究の進捗状況を発表・議論する「領域会議」の開催、研究実施場所の訪問やその他の機会を通じた、研究代表者との意見交換、研究への助言・指導
  • 研究課題の評価
  • その他、必要な手段
c. 研究代表者は、自らが立案した研究構想の実現に向けて、複数の研究者からなる一つの最適な研究チームを編成することができます。研究代表者は、自らが率いる研究チーム(研究課題)全体に責任を持ちつつ、研究領域全体の目的に貢献するよう研究を推進します。

(2)「さきがけ」の概要・特徴

a. 国が定める戦略目標の達成に向けて、独創的・挑戦的かつ国際的に高水準の発展が見込まれる先駆的な目的基礎研究を推進します。科学技術イノベーションの源泉となる成果を世界に先駆けて創出することを目的とするネットワーク型研究(個人型)です。
b. 研究領域の責任者である研究総括が、個人研究者を総括し、研究領域を「ネットワーク型研究所」として運営します。
研究総括は、その研究所長の役割を果たす責任者として、領域アドバイザー等の協力を得ながら以下の手段を通じて研究領域を運営します。
  • 研究領域の運営方針の策定
  • 研究課題の選考
  • 研究計画(研究費計画を含む)の調整・承認
  • 各個人研究者が研究の進捗状況を発表・議論する「領域会議」の開催、研究実施場所の訪問やその他の意見交換等の機会を通じた、個人研究者への助言・指導
  • 研究課題の評価
  • その他、研究活動の様々な支援等、必要な手段
c. 個人研究者は、自らが立案した研究構想の実現に向けて、自己の研究課題の実施に責任を持ちつつ、研究領域全体の目的に貢献するよう研究を推進します。

(3)「ACT-I」の概要・特徴

a. ACT-Iは、独創的・挑戦的なアイデアに基づく提案であり、国際的に高水準の発展が将来的に見込まれる研究であって、かつ国が定める戦略目標の達成に向けて、科学技術イノベーションの創出につながる新しい価値の創造が期待できる情報学分野の研究を推進します。
b. ACT-Iでは、独創的な発想で人類が現在および未来に直面する問題を解決し、未来を切り拓こうとする情報学分野の優れた若手研究者を見出して育成し、研究者としての個の確立を支援します。今年度の募集では、平成30年4月1日時点で35歳未満の個人研究者を対象とします。学生は大学院生に限り応募が可能です。大学院生や企業の若手研究者からの積極的な応募も期待しています。
c. 個人研究者は、自らが立案した研究構想の実現に向けて、自己の研究課題の実施に責任を持ちつつ、研究領域全体の目的に貢献するよう研究を推進します。なお、学生が応募する場合には、指導教員も委託研究契約における責任を負っていただきます。
d. 研究領域の責任者である研究総括が、個人研究者を総括し、研究領域を「ネットワーク型研究所」として運営します。
研究総括は、その研究所長の役割を果たす責任者として、領域アドバイザーなどの協力を得ながら以下の手段を通じて研究領域を運営します。
  • 研究領域の運営方針の策定
  • 研究課題の選考
  • 研究計画(研究費計画を含む)の調整・承認
  • 各個人研究者が研究の進捗状況を発表・議論する「領域会議」の開催、研究実施場所の訪問やその他の意見交換等の機会を通じた、個人研究者への助言・指導
  • 研究課題の評価
  • その他、研究活動の様々な支援等、必要な手段

文部科学省のAIPプロジェクト(人工知能/ビッグデータ/IoT/サイバーセキュリティ統合プロジェクト)における役割について

 AIPプロジェクトは文部科学省において、世界最先端の人材を結集し、革新的な人工知能技術を中核として、ビッグデータ・IoT・サイバーセキュリティを統合した研究開発を行う拠点を理化学研究所に新設し、イノベーションを切り開く独創的な研究者等を支援する公募プログラムをJSTの戦略的創造研究推進事業の一部として推進します。
 JSTでは、関係する研究領域群を「AIPネットワークラボ」と称して、今回の研究提案募集を実施するとともに、AIPプロジェクトの成果最大化に向けて関係研究機関と連携していきます。

各研究タイプの研究費や研究期間など

原則として下記の通りですが、各研究領域の運営方針により異なる場合があります。

研究タイプ

1年あたりの研究費

研究期間内の研究費総額

研究期間

CREST 3千万円〜1億円程度/年 1.5〜5億円 5年半以内
さきがけ 1千万円程度/年 3〜4千万円 3年半以内
ACT-I - 300万円を標準
(加速フェーズ(注):さらに年間最大1,000万円程度)
1年半以内
(加速フェーズ:さらに2年以内)

(注)研究者が希望する場合は、採択課題数の3分の1程度が加速フェーズとして追加支援を受けることができます。加速フェーズでは研究を引き続き支援することでより一層大きな成果が期待される研究課題が優先されます。研究者は研究開始1年後の進捗評価までに追加支援を希望するかどうかを判断します。加速フェーズでは、年間最大で1000万円程度(直接経費)の研究費を最長2年間支援します。

CONTENTS
お問い合わせ先
e-Rad(府省共通研究開発管理システム)から応募下さい

JSTへの研究提案の応募はe-Radから行います。


募集に関する情報は、本ホームページでお知らせするとともに、メールマガジン「JST基礎研究通信」等、JSTが発行するメールマガジンからもご案内いたします。この機会にぜひご登録ください。
JSTメルマガ登録
なお、本ホームページでお知らせする情報の一部は、戦略的創造研究推進事業のTwitterにも掲載します。


CREST・さきがけ研究提案募集