平成26年度採択 課題中間評価

平成29年8月公開

1.中間評価の目的と基準

(1)評価の目的

研究課題ごとに、研究の進捗状況や成果を把握し、これを基に適切な予算配分及び研究計画の見直しや研究の中止を行う等により、研究運営の改善等に資することを目的とする。

(2)評価項目及び基準

ア 研究の進捗現状と研究期間終了時の見込み
イ 研究成果の現状と研究期間終了時の見込み
ウ その他前号に定める目的を達成するために必要なこと
なお、ウの評価項目及びアからウに関する具体的基準については、評価実施主体が決定する。

2.研究開発運営委員会委員

  氏名 所属 役職
委員長 松本 洋一郎 理化学研究所 理事
委員 市江 正彦 スカイマーク株式会社 代表取締役社長
岡島 博司 トヨタ自動車株式会社 先進技術統括部 主査
冨山 和彦 株式会社経営共創基盤 代表取締役社長 CEO
林 善夫 科学技術振興機構 開発主監
※所属・肩書は評価実施時のもの

3.評価結果

研究開発課題名 中間評価結果
超活性固定化触媒開発に立脚した基幹化学プロセスの徹底効率化
研究代表者:魚住 泰広(自然科学研究機構 分子科学研究所 教授)
中間評価結果
124KB
ダイヤモンド電極の物質科学と応用展開
研究代表者:栄長 泰明(慶應義塾大学 理工学部 教授)
中間評価結果
132KB
共生ネットワークの分子基盤とその応用展開
研究代表者:川口 正代司(自然科学研究機構 基礎生物学研究所 教授)
中間評価結果
125KB
触原色に立脚した身体性メディア技術の基盤構築と応用展開
研究代表者:舘 暲(東京大学 名誉教授)
中間評価結果
113KB
PSD法によるフレキシブル窒化物半導体デバイスの開発
研究代表者:藤岡 洋(東京大学 生産技術研究所 教授)
中間評価結果
121KB
※所属・肩書は評価実施時のもの

クイックアクセス

Quick Access

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • 契約関連資料
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望