評価・報告書

評価について

当機構では、貴重な財源をもとに行われる研究の質を高め、その成果を国民に還元していくため、適切な時期に研究課題および研究領域に対しての評価を実施しています。これらの評価によって、本事業を効果的・効率的に推進し、また必要な改善を図っていきます。

本事業の評価に関する詳細は、以下の内部規定をご参照ください。

「戦略的創造研究推進事業(社会技術研究開発及び先端的低炭素化開発を除く。)の実施に関する規則」PDF
<評価部分の抜粋>

グラント番号

戦略的創造研究推進事業では、グラント番号(体系的課題番号)を成果論文の謝辞に記載いただくようお願いしています。文献情報データベースを活用した分析に基づく研究成果・研究動向等の把握がより正確に可能となり、施策効果のより的確な把握のための一手段となることを目的としています。

  • ACCELグラント番号一覧PDF
    各プロジェクトにグラント番号が付与されています。詳細はPDFファイルをご参照ください。
  • その他のグラント番号
    さきがけ、ERATO、ACT-C等を含むその他の戦略的創造研究推進事業のグラント番号については、こちらのページをご確認ください。

研究開発課題についての評価

ACCELの研究開発課題について、以下の時期に評価を行います。

事前評価:研究開発課題の選定前に実施します。
中間評価:研究開発期間が5年以上の研究開発について、原則、3年目を目安に実施します。
事後評価:研究開発の特性や発展段階に応じて、研究開発終了後、または、終了前の適切な時期に実施します。
追跡評価:研究開発終了後一定期間を経た後に実施します。

評価・報告書

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望