研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

防災

研究代表者名(所属機関)
  • SDGs11
  • SDGs9
青木 孝義(名古屋市立大学 大学院芸術工学研究科 教授)
国内共同研究機関
相手国研究機関 内務文化省 災害管理局
採択年度 平成28年度(2016年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 ブータン王国
研究課題の概要  本研究は、ブータン伝統建築の耐震化指針と減災教育マニュアルを作成し、その運用を災害管理行政に組み入れ、地震に強い地域づくりに資することを目的とする。具体的には、版築・石積建築の耐震性能評価法を開発し、実大試験体を用いた静的・動的実験で検証する一方、新築および既存建物の耐震化に有効な補強方法や模範となる施工方法を確立し、併せて実施する地震ハザード評価の結果を加味した耐震化指針をまとめる。また、技術者・施工者講習によって指針を普及させ、住民教育により建物挙動と地域危険度に基づく避難行動を周知するなど、実効的な地震災害管理の枠組み作りを支援する。伝統建築の耐震性能向上を普及できる国内外の人材育成と起業支援を行い、地震に強い国づくりに協力し、将来的には、ブータン国民幸福度指標に地震災害に対する住民の安全確保を具体的に反映させ、災害脆弱性克服開発モデルとして他の国々にも寄与することを目指す。
研究実施風景
研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース
実施報告書 PDF平成28年度(1,220KB)
評価報告書
関連URL

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る