研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

生物資源

研究代表者名(所属機関)
  • SDGs14
  • SDGs10
和田 雅昭(公立はこだて未来大学 システム情報科学部 教授)
国内共同研究機関
相手国研究機関 海洋水産省
採択年度 平成28年度(2016年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 インドネシア共和国
研究課題の概要  本研究は、インドネシアのマリカルチャ(海面養殖業)をICTにより支援することでインドネシア政府の優先政策である地方開発を実現し、地球規模での水産物の安定供給に寄与することを目的とする。インドネシアの養殖業は高いポテンシャルを持つ一方で、大量へい死や環境破壊といった課題を抱えており、生産性向上と環境保全の両立が緊急の課題である。そこで、自然環境要素と社会環境要素を収集し、インドネシア海洋水産省との連携によってマリカルチャビッグデータを生成・分析することで、養殖業を最適化する。また、情報リテラシの教育訓練を通じて、漁村に技術指導者としてのリーダーを育成することで漁村の自立を促す。本研究では、マリカルチャビッグデータの活用による養殖業の高度化とそれによる雇用創出、所得向上を目指す。さらに、海洋水産省がシステムを管理運用し、養殖業を基盤とする漁村の経済発展に活用することで社会実装を図る。
研究実施風景
研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース
実施報告書
評価報告書
関連URL

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る