研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

防災

  • SDGs11
  • SDGs9
研究代表者名(所属機関) 日本 纐纈 一起(東京大学 地震研究所 教授) ネパール ラジェンドラ プラサード カナル(産業省 鉱山地質局 局長)
国内研究機関 東京大学、高知大学、(株)応用地質
相手国研究機関 産業省鉱山地質局
採択年度 平成27年度(2015年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 ネパール連邦民主共和国
研究課題の概要

次のネパール巨大地震とそのハザードに科学で取り組む
 ネパールヒマラヤで発生が懸念される次の巨大地震と、人口が集中して脆弱性が高まっているカトマンズ盆地を対象に、ポテンシャル評価・地震動予測・ハザード評価・地震観測システム・教育と政策の研究活動を行って、科学的に高度な地震ハザード情報を提供することと、その情報に基づき地震災害を軽減する基盤を構築することに取り組む。取り組みの際には、2015年ゴルカ地震のデータや研究成果も生かしていく。

地震ハザードの高度情報に基づき震災を軽減する基盤を作る
 次の巨大地震の震源モデル構築やシナリオ地震動予測、地震観測ネットワークの強化などの成果を統合して、科学的に高度化された地震ハザード情報が生み出される。また、それらをネパール社会に伝える人材や政策を介して、カトマンズ盆地の次の震災を軽減する基盤が作られる。

研究実施風景
イメージ1

脆弱性の高いカトマンズ盆地

イメージ2

ゴルカ地震による歴史的建造物の被害

イメージ3

ゴルカ地震によるレンガ造建物の被害

研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース
実施報告書 PDF平成27年度(474KB)
PDF平成28年度(470KB)
評価報告書
関連URL JICAナレッジサイト

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る