研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 終了課題一覧 研究課題詳細

[本文]

生物資源

『乾燥地生物資源の機能解析と有効利用』 沙漠を生きぬく植物の秘めたる
パワーを活用せよ!

研究代表者名(所属機関)
  • SDGs3
礒田 博子(筑波大学 北アフリカ研究センター長/生命環境系 教授)
国内共同研究機関 京都大学、東京工業大学
相手国研究機関 スファックスバイオテクノロジーセンター (CBS) 他
採択年度 平成21年度(2009年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 チュニジア共和国チュニジア
研究課題の概要

過酷な環境を生きる植物の有効利用により、医薬品や食品を開発する
 沙漠等の乾燥・半乾燥地に生育する植物は、過酷な環境に適応するための特有成分を多く有しているが、その探査や有効利用に関する研究は進んでいなかった。そこで、様々な乾燥地環境を有するチュニジアで、伝承薬効情報を基に植物を採取・解析し、新規の機能性成分の探査・研究を行い、産業への応用を目指す。また、植物資源の持続的な利用や地域経済の活性化に向けて、生産基盤整備、経済性評価、製品化技術の開発を併せて行う。

乾燥地植物から、驚くべき有効成分を発見
 対象国のオリーブ、薬用植物等の成分から抗酸化や抗がん、抗アレルギー等の有効成分を発見し、水・土壌の生産基盤整備、経済性評価、製品化技術の開発を通じて産業への応用を図っている。研究を通して、地球規模での持続的・資源循環的食料システムの開発や沙漠防止に貢献する。

研究実施風景
国立乾燥地研究所で栽培している薬用植物の調査

有用植物の資源量推定のための生育密度調査

CBSの研究室

抽出した成分を詳しく機能解析するだけでなく、遺伝子レベルで評価するための有効成分の抽出・同定方法の開発研究などにも取り組んでいる。

国立乾燥地研究所で栽培している薬用植物の調査

国立乾燥地研究所で栽培している薬用植物の調査

CBSの研究室

CBSの研究室

研究プロジェクトWEBサイト http://satreps.arena.tsukuba.ac.jp/ja/
プレスリリース
実施報告書 PDF平成21年度(179KB)
PDF平成22年度(3,177KB)
PDF平成23年度(8,878KB)
PDF平成24年度(7,700KB)
PDF平成25年度(3,880KB)
PDF終了報告書(3,544KB)
評価報告書 pdf中間評価報告書
pdf終了時評価報告書
関連URL JICAナレッジサイト
ODAが見える。わかる。サイト
JICAトピックス
PDFJST News 2010年11月号
JSTトピックス

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る