研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 終了課題一覧 研究課題詳細

[本文]

感染症

研究代表者名(所属機関) 鈴木 定彦(北海道大学 人獣共通感染症リサーチセンター 教授)
国内共同研究機関 鳥取大学、藤田保健衛生大学、帯広畜産大学
相手国研究機関 保健省大学研究教育病院(UTH)、ザンビア大学(UNZA)
採択年度 平成20年度(2008年度)
研究期間(採択時) 4年間
相手国 ザンビア共和国ザンビア
研究課題の概要

感染拡大を防止する鍵は、迅速で正確な診断にあり
 ザンビアにおける最も深刻な感染症の一つである結核は人獣共通の感染症で、治療薬に耐性を持つ場合もあることから感染拡大が危惧されている。また、もう一つの重要な感染症はマラリアであるが、トリパノソーマ症を含む様々な類似疾患がマラリアと誤診され、適切な治療がなされず死に至ることも問題となっている。これらの感染症の蔓延防止には、早期診断と適切な治療が肝要である。そこで、日本を中心に開発している高感度かつ迅速で低コストの診断システムを、結核とトリパノソーマ症へ応用することを目指し、同時にトリパノソーマ症の治療薬の探索を試みる。

診断法の開発に成功、治療薬の候補物質も多数発見!
 研究の結果、地方の検査所でも実施可能な結核及びトリパノソーマ症の迅速な診断法の開発に成功した。さらにトリパノソーマ症の治療薬になりうる候補物質を300種類以上合成し、有効性の評価を行っている。これらの技術をザンビアに移転し、研究開発能力の向上を図る。

研究実施風景
日本で開発した検査法をザンビアで普及させる。

日本で開発した検査法をザンビアで普及させる。

トリパノソーマ原虫

トリパノソーマ原虫

トリパノソーマ原虫を調査

動物に蔓延しているトリパノソーマ原虫を調査し、ヒトに感染する可能性のある原虫の遺伝子解析により診断法の精度向上を図る。

結核遺伝子検査法の技術移転

結核遺伝子検査法の技術移転

ウシからの血液採取

ウシからの血液採取

研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース 2013/12/12
実施報告書 PDF平成21年度(346KB)
PDF平成22年度(280KB)
PDF平成23年度(291KB)
PDF平成24年度(7,800KB)
PDF終了報告書(1,932KB)
評価報告書 pdf終了時評価報告書
関連URL JICAナレッジサイト
ODAが見える。わかる。サイト
JICA科技プロジェクトのサイトの「事業紹介」
pdfJST news 2014年3月号
JSTトピックス
プロジェクト紹介動画

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る