JSTトップ > 次世代人材育成事業 > グローバルサイエンスキャンパスHOME > グローバルサイエンスキャンパスとは > 企画評価 > 平成26年度採択機関 中間評価

グローバルサイエンスキャンパスとは

平成26年度採択機関 中間評価

■ グローバルサイエンスキャンパスにおける中間評価結果について(平成27年度実施分)
1.中間評価の目的
  ・ 評価結果を実施機関の取組の強化・改善につなげ、実施機関の最終的な事業目標の達成を支援・推進する重要な契機とする。
  ・ 実施機関で生じている課題や、実施機関独自の工夫、先進的な取組事例の収集により、今後の事業設計に資する情報を得る機会とする。
2.評価対象
  平成26年度に採択された企画 8件
   ※実施期間は、平成26年度~平成29年度までの最大4年度間
3.評価項目及び基準
  (1) 目的・人材像(目標)
  (2) 受講生の募集・一次選抜の状況
  (3) 教育プログラムと受講生の育成状況と二次選抜
  (4) 数値目標の達成状況
  (5) 受講生に関する評価
  (6) 成果の把握と効果検証
  (7) 実施体制
  (8) 開発された手法の他機関や社会への波及効果
    なお、上記(1)から(8)の具体的基準については、中間評価の目的を踏まえ、評価実施主体が定める。
4.中間評価の進め方
  (1) 実施機関による中間報告書の作成(平成27年7月~11月)
  (2) 中間評価会(平成27年12月)
  (3) 総合評価コメントの作成(平成27年12月~28年2月)
  (4) JST内での内部報告(平成28年3月)
  (5) 実施機関への通知(平成28年3月)
5.評価者
  グローバルサイエンスキャンパス推進委員会
   ※推進委員の名簿は別紙1のとおり。
6.評価結果
  (1) プランS(大規模型)
     東北大学 (総合評価コメント 59KB)(中間報告書 1.71MB
     京都大学 (総合評価コメント 61KB)(中間報告書 1.01MB
  (2) プランA(標準型)
     北海道大学 (総合評価コメント 49KB)(中間報告書 18.2MB
     筑波大学 (総合評価コメント 49KB)(中間報告書 4.75MB
     東京理科大学 (総合評価コメント 45KB)(中間報告書 5.65MB
     慶應義塾大学 (総合評価コメント 61KB)(中間報告書 4.33MB
     岡山大学 (総合評価コメント 45KB)(中間報告書 6.56MB
     九州大学 (総合評価コメント 54KB)(中間報告書 2.65MB