平成30年度採択課題 日本-イスラエル共同研究「レジリエントな社会のためのICT」分野 第3期

評価委員

【日本側】
研究主幹
 岩野 和生   東京⼯業⼤学 環境・社会理⼯学院 特任教授
アドバイザー
 田中 譲    北海道大学 名誉教授
 土井 美和子  情報通信研究機構 監事
 柴崎 亮介   東京大学 教授

事後評価の進め方

最終年度に研究主幹・アドバイザーと日本側研究代表者との報告会を実施した。報告会時の研究主幹・アドバイザーのコメントを参考にして、研究代表者は終了報告書を作成した。事後評価委員が終了報告書等の査読評価を実施し、その評価を元に研究主幹が課題別の評価報告書を作成した。
プロジェクト名日本側研究代表者年次報告書終了
報告書
事後評価
報告書
イスラエル側研究代表者初年度2年度3年度4年度
先進ICTを用いた淡水生態系復元力の監視 立命館大学 総合科学技術研究機構
上席研究員 熊谷 道夫
イスラエル海洋湖沼学研究所 キネレット湖沼学研究室
教授 イリア・オストロフスキィ
初年度 2年度 3年度 4年度
観光客の流動パターンの把握と避難経路情報の提供 京都大学 大学院工学研究科
准教授 ヤン・ディャク・シュマッカー
バーイラン大学 経営管理学部
上級講師 ユーバル・ハダス
初年度 2年度 3年度 終了報告書 事後評価報告書
低機能ロボット群による環境外乱に頑健で継続的な自律的組織化システム構築手 奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科
准教授 大下 福仁
ネゲブ・ベングリオン大学 計算機科学研究科
教授 シュロミ・ドレフ
初年度 2年度 3年度 終了報告書 事後評価報告書

研究主幹総評および領域活動概要