平成29年度 戦略的国際共同研究プログラム(SICORP)日本-ドイツ「オプティクス・フォトニクス」国際産学連携共同研究提案募集のお知らせ

更新履歴

平成29年11月28日追記:応募様式の予算計画欄についての質問を追加いたしました。問6をご参照ください
平成29年11月16日追記:よく頂く質問を追加しました
            応募様式を更新しました

(平成29年9月1日)

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)では、以下のとおり、戦略的国際共同研究プログラム(SICORP)において、ドイツの連邦教育研究省(BMBF)と協力し、日本とドイツの国際共同研究を支援することとなりました。以下のとおり共同研究課題の提案を募集します。

English

共同研究の募集対象

募集分野:「Optics and Photonics:オプティクス・フォトニクス」
本公募は、日本側およびドイツ側それぞれの企業とアカデミアの4者で研究チームを組み、国際的な産学連携の体制を築いて、研究開発を実装に近づけることを目指すものです。
本募集分野には、以下のサブトピックが含まれます。

  • Optical metrology and sensing
  • Organic electronics
  • Photonics in manufacturing
  • Optical components and systems
  • Lighting

支援の内容

共同研究課題が採択された場合、日本側研究者は1研究課題につき3年間で総額5,400万円を上限として委託研究費を受け取ることができます。委託研究費には、直接経費の30%に当たる間接経費が含まれます。
なお、企業に対しては受け取った委託研究費と同額相当以上の、プロジェクト費用負担・リソース提供を求めます。詳細は募集要項および「参画企業による費用負担・リソース提供について」をご確認下さい。
3~5課題の支援を予定しています。

本研究領域の日本側研究主幹(プログラムオフィサー)

谷田貝 豊彦(宇都宮大学 オプティクス教育研究センター 特任教授)

募集期間

日本側:平成29年9月1日(金)~同年11月30日(木)午後5時(日本時間)
ドイツ側:平成29年9月1日(金)~同年11月30日(木)午後5時(ドイツ時間)

応募方法

  • 「募集要項」「日本側応募者への応募にあたっての注意事項」を必ずご確認ください。
  • 日独共通のものを提出して下さい。日本側は、応募様式末尾の「確認書」も併せてご提出下さい。
  • 日本側研究者は、府省共通研究開発管理システム(e-Rad)から申請します。本システムを初めて利用する場合、所定の手続きが必要です。登録手続きに日数を要する場合がありますので、余裕をもって登録手続きをしてください。
  • 日本とドイツ、双方で申請することが必要です。片方にしか申請されなかった場合は審査の対象になりませんのでご注意下さい。
  • 必要書類のダウンロード
    書類リンク
    募集要項 PDF(297KB)
    参画企業による費用負担・リソース提供について(日本側応募者向け) PDF(238KB)
    日本側応募者への応募にあたっての注意事項 PDF(618KB)
    応募様式(更新しました) Word(145KB)
    e-Radによる応募方法 PDF(2,942KB)

募集説明会

2017年9月15日(金)に開催した募集説明会に関する資料を、下記の通り公開しています。

よく頂く質問

問い合わせ

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST) 国際部 久保田、樋口
E-mail:jointge(at)jst.go.jp (at)を@にしてください。
TEL:03-5214-7375
(お問い合わせは、なるべく電子メールにてお願いします。)