公募・プレスリリース・ニュース Public Offering/Press Release/News

ニュース

佐野PM 超小型高出力パルスレーザー 第3回研究会
「ユビキタス・パワーレーザーによる安全・安心・長寿社会の実現」 第3回シンポジウム(PM:佐野雄二)

ご挨拶

総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)が主導するImPACTプログラム「ユビキタス・パワーレーザーによる安全・安心・長寿社会の実現」では、究極の光と言われ世界にまだ2つしかないX線自由電子レーザー(XFEL)をレーザー電子加速により超小型化する技術や、大型の高出力パルスレーザーを手のひらサイズまで超小型化する技術を確立し、いつでも・どこでも・だれでも使えるようにすることで、新技術・新産業を創出することを目的とした開発を進めております。

プログラムがスタートして3年半が過ぎ、多くの成果が生まれております。レーザー電子加速においては安定な電子発生技術やプラズマ診断技術の開発において大きな成果が得られております。また、オープンイノベーションによる開発拠点として理化学研究所 播磨 放射光科学総合研究センター内に構築していたプラットフォームが完成し、実験を開始しております。 超小型パワーレーザーにおいては、3社によるハンドヘルドレーザーの製品化開発や開発中のレーザーを利用した応用システムの開発を進めるとともに、開発したレーザーを皆様に気軽に使って頂けるように、公的機関である浜松工業技術支援センターにレーザー試用プラットフォームを構築しております。

本シンポジウムでは現在のプログラムの状況・成果を皆様にご報告してご意見を頂戴し、開発内容にフィードバックすることで、より良いプログラムに仕上げていきたいと考えております。今回は開発成果に関する講演だけでなく、パネルや製品イメージ模型の展示、レーザー発振デモなどを会場内で行うことを計画しております。開発者と直接交流して頂くことが可能ですので、レーザー電子加速技術やXFEL、高出力のパワーレーザーやその応用にご興味のある方々におかれましては、是非ともご参加いただきますようお願い致します。

ImPACT プログラム・マネージャー 佐野雄二

日時 平成30年2月21日(水)10:00-18:00(開場:9:30)
(意見交換会:18:00-19:30)
場所 ベルサール秋葉原 B1Fホール
アクセス: https://www.bellesalle.co.jp/shisetsu/tokyo/bs_akihabara/access
会費 無料(ただし、意見交換会は別途参加費を頂きます)
申込締切   2018年2月20日(火)17:00
定員 約200名(定員になり次第、締め切らせていただきます)

プログラム

 講演者、題目は変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。

参加・申し込み方法

下記ボタンより申し込みフォームに移動して、「プライバシーポリシー」をご確認ください。
同意いただける方のみ必要事項を入力し、お申し込みください。
受付完了後、記載いただいたメールアドレス宛てに参加受付メール(自動返信メール)をお送りいたします。
 当日は名刺を2枚ご持参の上、ご来場願います。

 ※自動返信メールは迷惑メールに分類される場合がありますことをご了承ください。
 ※参加受付メールが届かない場合は、下記お問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせ先

国立研究開発法人科学技術振興機構 革新的研究開発推進室
佐野PM担当 TEL:03-6272-3658 お問い合わせ お問い合わせ