公募・プレスリリース・ニュース Public Offering/Press Release/News

ニュース

原田 博司PM 2018年度シンポジウム
「社会リスクを低減する超ビッグデータプラットフォーム」 2018年度シンポジウム

ご挨拶

総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)が主導する本プログラムは、現状のビッグデータ処理を遙かに凌ぐ「超ビッグデータプラットフォーム」を構築して、国や地域の公的医療データや家庭での計測データを活用した健康寿命延伸と医療費削減に役立てる「ヘルスセキュリティ」の実現、工場群をネットワーク化したときのサイバー攻撃を防ぎながら生産性と利益向上を支援する「ファクトリセキュリティ」という社会応用を目的として開発を進めています。

昨年6月にシンポジウムを開催し、本プログラムの中間成果についてご紹介いたしましたが、研究開始から3年目の最終年度に入った今、本プログラムの成果についてご報告させていただくとともに、今後の取り組みについてもご紹介させていただきます。

皆様の多数のご参加をお待ちしております。

ImPACT プログラム・マネージャー 原田博司

日時 平成30年11月21日(水)13:00-18:00 (開場:12:30)
場所 ベルサール九段
アクセス: http://www.bellesalle.co.jp/room/bs_kudan/access.html
参加費  無料
申込締切   平成30年11月19日(月)正午
定員 約300名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
主催 内閣府、国立研究開発法人科学技術振興機構

プログラム

※講演者、題目は変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。

参加申込

下記ボタンより申し込みフォームに移動して、「プライバシーポリシー」をご確認ください。
同意いただける方は必要事項を入力し、お申し込みください。
受付完了後、記載いただいたメールアドレス宛てに参加受付メール(自動返信メール)をお送りいたします。
当日は参加受付メールを印刷したものか、スマートフォン等の画面をご提示ください。

 自動返信メールは迷惑メールに分類される場合がありますことをご了承ください。
 参加受付メールが届かない場合は、下記お問い合わせ先までご連絡ください。

お問い合わせ先

国立研究開発法人科学技術振興機構 革新的研究開発推進室
TEL:03-6380-9012 原田博司プログラム 担当
E-mail : impact-hhr(at)jst.go.jp  ※(at)を"@"に置き換えてください。