JSTトップ > 事業成果 > 国際共同研究

国際共同研究

国際部

国際的な科学技術研究協力の推進と支援

グローバルな問題の解決へ

今日、地球温暖化に伴い気候変動、エネルギー、食糧などの分野でさまざまな問題が生じている。これらは1ヶ国で対応できるものではなく、国際社会との連携が必要不可欠だ。JSTではグローバルな問題の解決だけでなく、情報通信など、わが国の科学技術・イノベーション力の更なる発展と科学技術外交の強化にも貢献している。

地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)

SATREPS(サトレップス)は、開発途上国のニーズを基に、地球規模課題※1を対象とし、社会実装※2の構想を有する国際共同研究を政府開発援助(ODA)と連携して推進するプログラム。
本プログラムでは、地球規模課題の解決及び科学技術水準の向上につながる新たな知見や技術を獲得することや、これらを通じたイノベーションの創出を目的としている。また、その国際共同研究を通じて、開発途上国の自立的研究開発能力の向上と課題解決に資する持続的活動体制の構築を図っている。
(2008年4月以降、世界46ヶ国で115プロジェクトを採択)

※1 地球規模課題:一ヶ国や一地域だけで解決することが困難であり、国際社会が共同で取り組むことが求められている課題。
 ※2 社会実装:具体的な研究成果の社会還元。研究の結果得られた新たな知見や技術が、将来製品化され市場に普及する、あるいは行政サービスに反映されることにより社会や経済に便益をもたらすこと。

戦略的国際共同研究プログラム(SICORP)

SICORPでは、科学技術・イノベーション力の更なる向上のため、省庁間合意に基づいて設定された協力相手国・地域および研究分野で、対等で友好的なパートナーシップに基づく共同研究を実施している
(SICORP:10ヵ国・5地域 74課題支援中、20課題終了 /SICP:22カ国・2地域 372課題終了 2016年12月末現在)

※SICP(戦略的国際科学技術協力推進事業/2003年度開始)は、2013年度で新規採択を終了し、SICORPへ移行。

e-ASIA

アジア地域において科学技術分野の研究交流を加速することにより研究開発力を強化するとともに、アジア地域が共通して抱える課題の開発を目指す。日本のイニシアティブにより、主に材料(ナノテクノロジー)・代替エネルギー・農業(食料)・防災等の研究分野で多国間協力を推進している。

EIG-CONCERT-Japan

EIG-CONCERT-Japanは、その前身の欧米諸国と日本の科学技術協力を効果的、強調的に進めることを目的としたEUの研究・技術開発フレームワーク・プログラム(FP7)における国際協力活動プロジェクトCONCERT-Japanの後継プログラムとして新たに設立された。科学技術政策等の情報交換、相互学習、ネットワークの構築の他に共同公募を行っている。

Belmont Forum

グローバルな地球環境変動研究へのファンディングを行うために、世界13カ国の政府とファンディング機関および3つの国際組織が参加する国際会合。1980年代から始まった国連を中心とした地球気候研究に関する国際的プログラムを統合したフューチャーアース・イニシアティブとも協働し、同イニシアティブの国際共同研究の支援を行うプログラムとして位置づけられている。

国際共同研究拠点(CHIRP)

外交上の観点から日本にとって重要なASEAN地域とインドにおいて、従来の国際協力により得られた成果やネットワークの実績を活かし、地球規模課題・地域共通課題の解決やイノベーションの創出、我が国の科学技術力の向上、相手国・地域との研究協力基盤の強化を目的として、日本の「顔のみえる」持続的な共同研究・協力を推進する。

J-RAPID

J-RAPIDは自然災害や人的災害など不測の事象が発生し、データの取得、問題の解決のために緊急に研究・調査を実施する必要がある場合に、機動的にその活動を支援することを目的としている。国などが本格的な研究・調査体制を整える前に、研究機関と協働して迅速に初動的な研究・調査を支援することにより、本格研究・調査への「橋渡し」としての役割を担う。

JSTが推進する研究交流・共同研究

ベトナム
画像:ベトナム
低炭素領域
高効率燃料電池と再生バイオガスを融合させた地域内エネルギー循環システムの構築
ベトナム・メコンデルタ地域において、農業・水産業からの有機性廃棄物からバイオガスを製造し、固体酸化物形燃料電池(SOFC)により直接電力に変換する一連の手法を見出した。2016年9月にはベトナム初のSOFC研究開発棟が開所し、国際連携の拠点となることが期待される。
九州大学大学院 工学研究院 准教授 白鳥 祐介
パラオ
画像:パラオ
環境領域
サンゴ礁島嶼系における気候変動による危機とその対策
生物群集の特徴把握や未記載種の発見、パラオの各海域に見られる生物集団間の遺伝的つながりを明らかにした。
また、気候変動による将来影響予測をおこないつつ、社会科学的調査により、今後の持続的な観光/経済資源としてのサンゴ礁の適正利用に資する知見抽出をおこなった。
琉球大学 理学部 准教授 中村 崇
ヴィシェグラード4ヵ国
画像:ヴィシェグラード4ヵ国
ヴィシェグラード4カ国×日本共同セミナー
2016年6月に駐日チェコ大使館にて、共同セミナー「産業化のためのナノ材料」をヴィシェグラード4か国(チェコ、ハンガリー、ポーランド、スロヴァキア)の駐日大使館、チェコインベストそしてJSTが共同開催した。日本とヴィシェグラード4か国のこの分野における最新の研究結果、また共同プロジェクトのための財政支援等を紹介し、今後の共同研究や製品開発の可能性を探った。
ベトナム
画像:ベトナム
生物資源領域
ベトナム北部中山間地域に適応した作物品種開発
ベトナムでDNAマーカーを用いた最新のイネ育種法を開発し、短期生育・高収量・病虫害抵抗性を付与した多数のイネ有望系統を育成した。一部の系統では品種登録が完了しており、行政、農民、種子供給者等を巻き込んだ社会実装への歩みが着実に進んでいる。
九州大学大学院 農学研究院 教授 吉村 淳
世界地図
チリ
画像:チリ
防災領域
津波に強い地域づくり技術の向上に関する研究
津波防災能力向上に向けて、津波被害推定技術、高精度津波警報手法の開発、津波災害に強い街づくりのためのプログラム提案等を実施。こうした取組みにより、2014年4月1日にチリ・イキケ沖で発生したMw8.2の地震では、市民の速やかな避難につながった。
港湾空港技術研究所 アジア・太平洋沿岸防災研究センター 副センター長 富田 孝史
ベトナム
画像:ベトナム
環境領域
天然ゴムを用いる炭素循環システムの構築
「地球温暖化を抑える新技術で天然ゴム産業をリード」 タンパク質を除いた脱タンパク天然ゴムの製造技術(写真)を確立し、用途開拓と評価技術の標準化提案を達成。更にゴム廃材の次世代燃料化酵素と次世代廃水処理技術の開発により、温室ガスの大幅削減システムを確立。
長岡技術科学大学 工学部教授 福田 雅夫
インドネシア
画像:インドネシア
低炭素領域
CO2の地下貯留及びモニタリングに関する先導的研究
両国の協働で中部ジャワ州のグンディガス生産施設で排出するCO2を用いた東南アジア初のCCS実証試験。地球科学的手法により圧入サイトを決定し、電磁、重力、地震探査法等のベースライン調査を完了し、ADB(アジア開発銀行)の支援による地上設備の構築へ進展中である。
京都大学 学際融合教育研究推進センター 特任教授 松岡 俊文
カメルーン
画像:カメルーン
防災領域
カメルーン火口湖ガス災害防止の総合対策と人材育成
北西州ニオス湖に自動観測ブイを設置、水温・電気伝導度のリアルタイム観測を可能にした。またマヌン湖には太陽電池で深層水を組み上げる装置を設置。湖水爆発の危険性評価のための組織を創設し、コンピュータシュミレーションによる可能性評価を実現した。2016年3月、カメルーン政府よりカメルーン、日本両国の研究者に対し「Ordre de la Valeur」勲章が授与された。
東海大学 理学部 教授 大場 武
ドイツ
画像:ドイツ
ナノエレクトロニクス
日本–ドイツ共同研究により、新しい量子力学的自由度を利用するエネルギー散逸のないエレクトロニクスの構築を目的とし、スピン軌道相互作用とスピン制御、トポロジカル絶縁体、非局所量子もつれ 等での新しい観測や手法を発見した。
画像:バレー流の伝送の模式図
東京大学 大学院工学系研究科 教授 樽茶 清悟
ネパール
画像:ネパール
J-RAPID
2015年4月25日に発生したネパール地震を受け、国際緊急共同研究・調査支援プログラム(J-RAPID)を発動。被害状況調査、復興に向けての研究等13課題を実施。
写真
右:地震の被害を受けた世界遺産 ダルバール広場にある建造物
左:2015年10月28日ネパール 首都カトマンズで行われたワークショップ
アメリカ
画像:アメリカ
低炭素社会のメタボロミクス
単細胞藻類のオープンアクセス・メタボロームデータベースを構築し、工業利用可能な微細藻類の代謝物を計測したメタボロームデータを公開する研究。微細藻類における代謝物の生合成関連遺伝子や代謝物の生理活性に関するデータも収集し、KNApSAcKのサブデータベースとして公開。
東京大学 准教授 有田 正規
e-ASIA
画像:e-ASIA
バイオマス・植物科学
ベトナムに設立されたキャッサバ分子育種国際共同研究ラボ(ILCMB)に当初からコアグループとして参加し「最先端科学技術を用いたアジアにおけるキャッサバ分子育種の推進」プロジェクトを進めてきた。この研究で収量が30%と増加する系統や、早く花が咲く系統があることわかってきた。
理化学研究所 チームリーダー 関 原明
ベトナム
低炭素領域:高効率燃料電池と再生バイオガスを融合させた地域内エネルギー循環システムの構築
画像:ベトナム ベトナム・メコンデルタ地域において、農業・水産業からの有機性廃棄物からバイオガスを製造し、固体酸化物形燃料電池(SOFC)により直接電力に変換する一連の手法を見出した。2016年9月にはベトナム初のSOFC研究開発棟が開所し、国際連携の拠点となることが期待される。
九州大学大学院 工学研究院 准教授 白鳥 祐介
パラオ
環境領域:サンゴ礁島嶼系における気候変動による危機とその対策
画像:パラオ 生物群集の特徴把握や未記載種の発見、パラオの各海域に見られる生物集団間の遺伝的つながりを明らかにした。
また、気候変動による将来影響予測をおこないつつ、社会科学的調査により、今後の持続的な観光/経済資源としてのサンゴ礁の適正利用に資する知見抽出をおこなった。
琉球大学 理学部 准教授 中村 崇
ベトナム
生物資源領域:ベトナム北部中山間地域に適応した作物品種開発
画像:ベトナム ベトナムでDNAマーカーを用いた最新のイネ育種法を開発し、短期生育・高収量・病虫害抵抗性を付与した多数のイネ有望系統を育成した。一部の系統では品種登録が完了しており、行政、農民、種子供給者等を巻き込んだ社会実装への歩みが着実に進んでいる。
九州大学大学院 農学研究院 教授 吉村 淳
チリ
防災領域:津波に強い地域づくり技術の向上に関する研究
画像:チリ 津波防災能力向上に向けて、津波被害推定技術、高精度津波警報手法の開発、津波災害に強い街づくりのためのプログラム提案等を実施。こうした取組みにより、2014年4月1日にチリ・イキケ沖で発生したMw8.2の地震では、市民の速やかな避難につながった。
港湾空港技術研究所 アジア・太平洋沿岸防災研究センター 副センター長 富田 孝史
カメルーン
防災領域:カメルーン火口湖ガス災害防止の総合対策と人材育成
画像:カメルーン 北西州ニオス湖に自動観測ブイを設置、水温・電気伝導度のリアルタイム観測を可能にした。またマヌン湖には太陽電池で深層水を組み上げる装置を設置。湖水爆発の危険性評価のための組織を創設し、コンピュータシュミレーションによる可能性評価を実現した。2016年3月、カメルーン政府よりカメルーン、日本両国の研究者に対し「Ordre de la Valeur」勲章が授与された。
東海大学 理学部 教授 大場 武
ベトナム
環境領域:天然ゴムを用いる炭素循環システムの構築
画像:ベトナム 「地球温暖化を抑える新技術で天然ゴム産業をリード」 タンパク質を除いた脱タンパク天然ゴムの製造技術(写真)を確立し、用途開拓と評価技術の標準化提案を達成。更にゴム廃材の次世代燃料化酵素と次世代廃水処理技術の開発により、温室ガスの大幅削減システムを確立。
長岡技術科学大学 工学部教授 福田 雅夫
インドネシア
低炭素領域:CO2の地下貯留及びモニタリングに関する先導的研究
画像:インドネシア 両国の協働で中部ジャワ州のグンディガス生産施設で排出するCO2を用いた東南アジア初のCCS実証試験。地球科学的手法により圧入サイトを決定し、電磁、重力、地震探査法等のベースライン調査を完了し、ADB(アジア開発銀行)の支援による地上設備の構築へ進展中である。
京都大学 学際融合教育研究推進センター 特任教授 松岡 俊文
ヴィシェグラード4ヵ国
ヴィシェグラード4カ国×日本共同セミナー
画像:ヴィシェグラード4ヵ国 2016年6月に駐日チェコ大使館にて、共同セミナー「産業化のためのナノ材料」をヴィシェグラード4か国(チェコ、ハンガリー、ポーランド、スロヴァキア)の駐日大使館、チェコインベストそしてJSTが共同開催した。日本とヴィシェグラード4か国のこの分野における最新の研究結果、また共同プロジェクトのための財政支援等を紹介し、今後の共同研究や製品開発の可能性を探った。
ドイツ
ナノエレクトロニクス
画像:ドイツ 日本–ドイツ共同研究により、新しい量子力学的自由度を利用するエネルギー散逸のないエレクトロニクスの構築を目的とし、スピン軌道相互作用とスピン制御、トポロジカル絶縁体、非局所量子もつれ 等での新しい観測や手法を発見した。
画像:バレー流の伝送の模式図
東京大学 大学院工学系研究科 教授 樽茶 清悟
アメリカ
低炭素社会のメタボロミクス
画像:アメリカ 単細胞藻類のオープンアクセス・メタボロームデータベースを構築し、工業利用可能な微細藻類の代謝物を計測したメタボロームデータを公開する研究。微細藻類における代謝物の生合成関連遺伝子や代謝物の生理活性に関するデータも収集し、KNApSAcKのサブデータベースとして公開。
東京大学 准教授 有田 正規
e-ASIA
バイオマス・植物科学
画像:e-ASIA ベトナムに設立されたキャッサバ分子育種国際共同研究ラボ(ILCMB)に当初からコアグループとして参加し「最先端科学技術を用いたアジアにおけるキャッサバ分子育種の推進」プロジェクトを進めてきた。この研究で収量が30%と増加する系統や、早く花が咲く系統があることわかってきた。
理化学研究所 チームリーダー 関 原明
ネパール
J-RAPID
画像:ネパール 2015年4月25日に発生したネパール地震を受け、国際緊急共同研究・調査支援プログラム(J-RAPID)を発動。被害状況調査、復興に向けての研究等13課題を実施。
写真
右:地震の被害を受けた世界遺産 ダルバール広場にある建造物
左:2015年10月28日ネパール 首都カトマンズで行われたワークショップ
世界地図
…SATREPSの成果 …SICORP/SICPの成果 …J-RAPIDの成果
  • 前のページ
  • 一覧にもどる
  • 次のページ