JSTトッププレス一覧 > 科学技術振興機構報 第756号
科学技術振興機構報 第756号

平成22年8月27日

東京都千代田区四番町5番地3
科学技術振興機構(JST)
Tel:03-5214-8404(広報ポータル部)
URL http://www.jst.go.jp

戦略的国際科学技術協力推進事業(研究交流型)
「日中韓研究交流」における平成22年度新規課題の決定について

JST(理事長 北澤 宏一)は、中国科学技術部(MOST)注1)国際合作局および韓国研究財団(NRF)注2)と共同で「気候変動」「省エネルギー」「防災」および「水循環」に関する3件の研究交流課題を支援することを決定しました。この支援は、戦略的国際科学技術協力推進事業(研究交流型)注3)「日中韓研究交流」の一環として行われるものです。

支援決定した課題は、次の通りです。

(1) 「代替および観測資料に基づいた東北アジアにおける過去千年間の水文気候変動−東アジアにおける21世紀末の温暖化と降水量増加への対応−」

(研究代表者:金沢大学 柏谷 健二 教授、中国科学院南京地理湖沼研究所 シェン・ジ 教授、韓国地質資源研究院 キム・ジュヨン 主席研究員)

本課題は、3ヵ国の湖沼−流域系で現在から過去へと観測時代を超えた環境モニタリングを進め、長周期の自然災害への対処法の確立や、観測網が欠けている地域での環境影響評価の向上を目指す研究です。

(2) 「未来型製鉄・製鋼プロセスの最新技術開発」

(研究代表者:東京大学 月橋 文孝 教授、中南大学 ワン・ワンリン教授、ヨンセ大学 ソン・イル 助教)

本課題は、鉄鋼生産の上行程である製銑プロセス、製鋼精錬プロセス、連続鋳造プロセスの各プロセスにおいて、各国がエネルギー効率の最適化を行うことで、 技術の相乗効果による温室効果ガスの排出削減を目指す研究です。

(3) 「次世代地震ハザードマップ作成のためのハザード評価手法の高度化に関する研究」

(研究代表者:独立行政法人 防災科学技術研究所 藤原 広行 総括主任研究員、ハルビン工業大学 タオ・シャーシン 教授、韓国地質資源研究院 ジュン・ミュンスン 主席研究員)

本課題は、地震災害軽減に向け、各国が持つ地震危険度に関する情報の共有化や、各国の現状を踏まえた上でのより精度の高い地震ハザードマップ作成手法の開発を目指す研究です。

今回の研究交流課題の募集では、25件の応募があり、これらの応募課題を日本側、中国側および韓国側の外部専門家がそれぞれ評価しました。JST、MOST、NRFはその結果をもとに協議を行い、研究内容の優位性や交流計画の有効性などの観点から、日中韓3ヵ国で支援すべきと合意した3件を支援課題として決定しました。

日本側と韓国側では本年12月に、中国側では来年4月に支援を開始します。研究期間は、いずれの国も支援開始から3年間を予定しています。

注1) 中国科学技術部(Ministry of Science and Technology of the People’s Republic of China(MOST))
昭和52年に設立された中国の科学技術担当省。基礎研究、科学技術成果の普及・産業化のみならず、ハイテク産業開発区の管理、先進国からの技術移転まで広範な業務を実施。その中で研究活動についての資金の配分を行っています。
MOSTホームページURL:http://www.most.gov.cn/eng/index.html
注2) 韓国研究財団(National Research Foundation of Korea(NRF))
平成21年6月に、韓国国際科学技術協力財団(KICOS)、韓国科学財団(KOSEF)、韓国学術振興財団(KRF)の3機関が統合して発足した機関。国際協力活動を含むさまざまな研究支援を行っています。
NRFホームページURL:http://www.nrf.go.kr/html/en/
注3) 戦略的国際科学技術協力推進事業(研究交流型)
政府間合意に基づき、文部科学省が特に重要なものとして設定した協力対象国・分野において、相手国の研究支援機関と共同で研究提案を公募・採択し、国際研究交流を支援します。
戦略的国際科学技術協力推進事業ホームページURL:http://www.jst.go.jp/inter/index.html

<添付資料>

別紙: 戦略的国際科学技術協力推進事業(研究交流型)「日中韓研究交流」平成22年度新規課題 一覧

参考: 戦略的国際科学技術協力推進事業(研究交流型)「日中韓研究交流」平成22年度新規課題の採択に関して

<お問い合わせ先>

独立行政法人 科学技術振興機構 国際科学技術部
〒102-8666 東京都千代田区四番町5番地3
担当:山村 将博(ヤマムラ マサヒロ)、高杉 秀隆(タカスギ ヒデタカ)
Tel:03-5214-7375 Fax:03-5214-7379
E-mail: