[本文]

プログラムの趣旨・公募の狙い

  • 「産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム」では、産業界との協力の下、大学等が知的資産を総動員し、新たな基幹産業の育成に向けた「技術・システム革新シナリオ」の作成と、それに基づく非競争領域としての産学共同研究を通して、基礎研究や人材育成における産学パートナーシップを拡大し、我が国のオープンイノベーションを加速します。
  • 企業だけでは解決できない大学等の基礎的・基盤的研究が必要である、新たな基幹産業の育成の核となる革新的技術の創出を目指した、学問的挑戦性と産業的革新性を併せ持つ研究領域の提案を期待します。
  • 企業による民間資金を活用したマッチングファンド形式の研究開発プログラムです。企業には、大学等における基礎研究の企画から参画し、研究開発費及び博士課程学生等の人件費等の拠出を通じた本格的な産学共同研究を推進していただきます。
  • 大学等及び民間企業はプラットフォームを担う「共創コンソーシアム」を形成し研究開発を推進します。
  • 上記の革新的技術によるイノベーションの担い手となる人材の育成をはかります。学生や若手研究者を含む多様な人材の参加を推奨します。
  • 本プログラムは、産業界から見た大学・国立研究開発法人が産学官連携機能を強化する上での課題とそれに対する処方箋をまとめた「産学官連携による共同研究強化のためのガイドライン」(平成28年11月30日イノベーション促進産学官対話会議事務局)に基づき、 大学等が行う産学官連携の先進的な取り組みを加速するとともに産業界から大学等への投資を促すためのインセンティブとして、国が支援するものです。
  • ※非競争領域(pre-competitive stage) 学術論文の発表が可能で、大学等や複数の民間企業が参画する共創コンソーシアムにおいて、研究開発成果に関する情報の共有が可能となる基礎的・基盤的研究領域。

提案対象

大学等(提案時においては、3大学等以上の参画を要件とします)及び民間企業(提案時においては異業種(例えば製造業とサービス業等)を含めた5社以上を要件とします)群との連名による申請

【大学等】

国公私立大学、大学共同利用機関、高等専門学校、国立研究開発法人、国公立試験研究機関、研究開発を行っている特殊法人・独立行政法人・公益法人等(研究開発業務について公益目的事業の認定を受け、法人税非課税となっている法人に限る)

【民間企業】

企業(株式会社、有限会社、合資会社、合名会社、合同会社)及び大学等ではない法人

採択予定件数

3研究領域・共創コンソーシアム

研究領域あたりの支援規模

  • JSTの委託研究開発費と民間企業が拠出する民間資金によるマッチングファンドにより研究開発を推進します。JSTの委託研究開発費は以下のとおりです。
    •  ・採択年度  :1.45億円程度(間接経費含む)/年・件
    •  ・2年度目以降:1.7 億円程度(間接経費含む)/年・件 ※政府予算の成立を前提としています。
  • JSTの委託研究開発費は、研究開発費と調査推進費の合計額となります。
    •  ・研究開発費:採択年度は1.25億円、2年度目以降は1.5億円を上限として、民間資金と同額までを支援します。
    •  ・調査推進費:技術・システム革新シナリオの最適化、非競争領域における詳細な研究開発の企画、民間資金の管理、成果の取り扱い等共創コンソーシアムの活動を推進する経費として0.2億円/年を支援します。
  • 支援期間 :5年度

提案の方法

本公募では、府省共通研究開発管理システム(e-Rad)を用いて提案を行っていただきます。また、提案書表紙(提案者(上記)の押印済み)及び参画する企業のパンフレット(作成している場合)を郵送にて提出いただきます。

提案書様式はこちら

スケジュール

  • 公募期間 :平成29年3月3日(金)~5月9日(火)
  • 審査期間 :平成29年5月中旬~7月下旬
  • 選考結果の通知 :平成29年8月上旬
  • 研究開発開始 :平成29年9月以降

公募説明会

『産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム(OPERA)』主催 平成29年度公募説明会

  • プログラム概要:
    • ①「今求められる大学発イノベーション」(文部科学省)
    • ② 産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラムの公募説明(JST)
    • ③ JST他事業公募説明
      ・研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)
      ・産学共同実用化開発事業(NexTEP)
      ・大学発新産業創出プログラム(START)
      ・地域産学バリュープログラム
      ・ナノテクノロジープラットフォーム
    • ④ 個別相談
    • ※プログラムの詳細につきましては、諸事情により内容が変更となることがございます。予めご承知おきください。
開催地 開催日時 会場および住所 会場アクセス 予定プログラム お申込
東京① 3月10日(金)
13:30~15:30
(開始時間は変更の可能性があります)
会場:JST東京本部(サイエンスプラザ)B1大会議室
住所:東京都千代田区四番町5-3 サイエンスプラザ
会場周辺MAP
市ヶ谷駅からのアクセス
プログラム詳細 参加登録フォーム
開催日前日までにお申込ください。定員になり次第締め切らせていただきます。

JST事業の合同説明会

開催地 開催日時 会場および住所 会場アクセス 予定プログラム お申込
東京② 3月13日(月)
14:00~16:00
(開始時間は変更の可能性があります)
会場:JST東京本部別館(K's五番町)1Fホール
住所:東京都千代田区五番町7K's五番町
会場周辺MAP
市ヶ谷駅からのアクセス
予定プログラム(JST他事業ページ) お申込(JST他事業ページ)
大阪 3月17日(金)
14:00~16:00
(開始時間は変更の可能性があります)
会場:Osaka Innovation Hub (大阪イノベーションハブ) ナレッジキャピタルタワーC 7階
住所:大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪
会場へのアクセス(外部サイト) お申込(JST他事業ページ)

公募要領

公募要領 「産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム」公募要領
(PDF:4733KB)

【平成29年度公募要領の主な変更点】
府省共通経費取扱区分表 (公募要領 第4章 補足2)府省共通経費取扱区分表
(PDF:299KB)

提案書類

提案書 様式1 (様式1)提案書表紙 【郵送】(Word:29KB)
複数枚押印の例:(pdf:103KB)
様式2-11 (様式2~11)提案書 【e-rad】
(Word:376KB)
別紙 (様式3)提案書【技術・システム革新シナリオ構想】別紙 【e-rad】
(PPT:299KB)
企業パンフレット 【郵送】
  • 提案書類の提出期限:
    【電子申請(e-Rad)】:平成29年5月9日(火)正午<厳守>
    【郵送が必要な書類】:平成29年5月9日(火)(当日消印有効)
  • ※公募期間中に限って、提案の補正は可能です。
  • ※e-Radによる公募は、提出期限後に自動的に終了しますので、十分に時間的余裕をもって申請してください。e-Radの操作方法については「公募要領」第5章をご確認ください。
  • ※「提案書表紙(幹事機関、参画する大学等及び民間企業の押印済み)」及び「企業パンフレット(作成している場合)」をe-Radによる提案書提出後、速やかに郵送してください。 なお、提案書表紙の押印が全て揃わない場合、押印が済んだ分の提案書表紙のコピーを提出期限までの郵送に含めていただき、 全ての機関からの押印を済ませた原本は5月31日(水)必着で郵送してください。


TOP