[本文]

平成28年度採択 研究領域

世界の知を呼び込むIT・輸送システム融合型エレクトロニクス技術の創出

共創コンソーシアム

IT・輸送システム産学共創コンソーシアム

領域統括

遠藤 哲郎
東北大学 国際集積エレクトロニクス研究開発センター センター長

領域統括 遠藤 哲郎

プロジェクト概要

本プロジェクトは、東北大学・京都大学・山形大学と先進的企業群の理工学と人文社会学の力を結集して、知財等の制度改革を行い、 エネルギー・労働力問題の社会的要請を受けて、①極限低消費電力のIoT用エッジコンピューティングデバイス、 ②高効率エネルギー変換ハイブリッド集積パワーデバイス、③労働力の高利用効率な輸送システム向け知的エレクトロニクスシステム にかかる非競争領域の研究領域をたて、その革新的技術群の創出と人材育成を担う産学共創プラットフォームの形成を目的とします。 幹事機関である東北大学が進めている競争領域での産学連携拠点事業とのシナジーにより、本プラットフォームの発展と世界を牽引する新産業創出への貢献を目指します。

IT・輸送システム産学共創コンソーシアム

実施体制

幹事機関:東北大学
参画機関:京都大学、山形大学
東京エレクトロン株式会社、キーサイト・テクノロジー・インターナショナル合同会社、株式会社アドバンテスト、株式会社東栄科学産業、 株式会社ティ・ディ・シー、東北イノベーションキャピタル株式会社、グローバルウェーハズ・ジャパン株式会社、 株式会社KDDI研究所、株式会社ケーヒン、田中貴金属工業株式会社、株式会社ディスコ、株式会社東レリサーチセンター、 日新電機株式会社、日新イオン機器株式会社、日東光器株式会社、株式会社フジキン、ベクターセミコン株式会社、森田化学工業株式会社

お問い合わせ先

東北大学 産学連携機構
電話番号 022-217-6049
e-mail  sanren-kikaku[at]grp.tohoku.ac.jp ※[at]を“@”に置き換えてください。


有機材料の極限機能創出と社会システム化をする基盤技術の構築及びソフトマターロボティクスへの展開

共創コンソーシアム

有機材料極限機能創出・社会システム化共創コンソーシアム

領域統括

大場 好弘
山形大学 理事・副学長

領域統括 大場 好弘

プロジェクト概要

超スマート社会Society5.0の実現に向けては、柔らかく・優しく・作りやすい・エネルギーがかからない・どこでも電気を蓄えられる機能性有機材料が必須となります。 分子創製の無限の可能性を真に活用し、(1)ソフト機能材料・デバイス(2)ソフトセンシング(3)ソフトメカニクス(4)ソフト蓄電デバイスの4テーマで、 有機材料の極限的な機能創出の学問的な挑戦をすることで4分野それぞれの革新的な産業の新展開を先導します。さらにそれらの融合により社会システム化を目指します。 これらの基盤技術の構築によりロボット分野で人・モノ・情報・人工知能を優しくつなぐ新領域ソフトマターロボティクスの開拓に繋げます。

有機材料極限機能創出・社会システム化共創コンソーシアム

実施体制

幹事機関:山形大学
参画機関:国立研究開発法人 産業技術総合研究所、九州大学、山形県立米沢栄養大学、独立行政法人 国立高等専門学校機構鶴岡工業高等専門学校
株式会社カネカ、帝人株式会社、関東化学株式会社、株式会社ユー・コーポレーション、日立化成株式会社、東ソー株式会社、アルケマ株式会社、 味の素ファインテクノ株式会社、三菱樹脂株式会社、DIC株式会社、株式会社荘内銀行、三菱ガス化学株式会社、株式会社日本触媒、 旭化成メディカル株式会社、日油株式会社、住友ゴム工業株式会社、日立GEニュークリア・エナジー株式会社、株式会社クレハ、三井化学株式会社、 有限会社芳尾電気化学研究所、株式会社山形銀行、NECエンベデッドプロダクツ株式会社

お問い合わせ先

山形大学 有機エレクトロニクスイノベーションセンター事務室
電話番号 0238-29-0566
e-mail  kouinoel[at]jm.kj.yamagata-u.ac.jp ※[at]を“@”に置き換えてください。


人と知能機械との協奏メカニズム解明と協奏価値に基づく新しい社会システムを構築するための基盤技術の創出

共創コンソーシアム

人間機械協奏技術コンソーシアム(HMHSコンソーシアム)

領域統括

武田 一哉
名古屋大学 未来社会創造機構 教授

領域統括 武田 一哉

プロジェクト概要

本プロジェクトは「第三世代の人工物」である知能機械と人間とが一体となって構成される新たな社会システム、即ち人間機械協奏系の研究を中核に設定します。 先進地域における少子・高齢化問題の解決や、開発地域における高効率な社会基盤への需要を背景に、その重要性は明らかです。 しかし現状では、人間機械協奏系のサービス価値を明確にできておらず、地域や文化、社会構造に応じた作り分けも技術的課題として残されています。 本プロジェクトでは、人間機械協奏系の研究プラットフォームを立ち上げ、その上で、「センシング、分析・解析、行動変容」の要素技術の研究を加速するとともに、 人間機械協奏系とその構成要素技術の「実装・評価技術」を研究します。

人間機械協奏技術コンソーシアム

実施体制

幹事機関:名古屋大学
参画機関:東京工業大学、早稲田大学、産業技術総合研究所、九州工業大学、徳島大学
株式会社ティアフォー、東京海上日動火災保険株式会社、トヨタテクニカルディベロップメント株式会社、日本製粉株式会社、株式会社フレームワークス、株式会社野村総合研究所、株式会社メイテツコム (他16社)

お問い合わせ先

お問い合わせフォームはこちら(HMHSコンソーシアムHP)


ゲノム編集による革新的な有用細胞・生物作成技術の創出

共創コンソーシアム

「ゲノム編集」産学共創コンソーシアム

領域統括

山本 卓
広島大学 大学院理学研究科 教授

領域統括 山本 卓

プロジェクト概要

バイオ産業、動植物の品種改良、健康・安全、生命科学研究などの分野で革新的な価値創造が見込まれているゲノム編集技術を対象として、 基礎研究と応用研究を連続的に繋ぐゲノム編集開発プラットフォームの創成を目指します。具体的には、日本独自のゲノム編集技術の開発を行うと同時に、 新規のゲノム編集ツールも含めそれらを活用して多様な産業分野のニーズに沿った有用生物を作成する際に必要な体系的な基盤技術の開発を行います。 また、広島大学のゲノム編集拠点を核として、参加機関により価値共創プラットフォームを形成し、研究と合わせて、技術・システム革新シナリオ作成、 人材育成、情報共有に産学共創で取組み、ゲノム編集技術の社会実装に向けた基盤づくりを行います。

「ゲノム編集」産学共創コンソーシアム

実施体制

幹事機関:広島大学
参画機関:大阪大学、九州大学、東京工業大学、徳島大学、国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構、独立行政法人酒類総合研究所
マツダ株式会社、キユーピー株式会社、日本ハム株式会社、エディットフォース株式会社、長瀬産業株式会社、大日本住友製薬株式会社、 興人ライフサイエンス株式会社、株式会社特殊免疫研究所、株式会社フェニックスバイオ

お問い合わせ先

広島大学 社会産学連携室
電話番号 082-424-5871
e-mail  sangaku-renkei[at]office.hiroshima-u.ac.jp ※[at]を“@”に置き換えてください。


平成29年度採択 研究領域

安全・安心・スマートな長寿社会実現のための高度な量子アプリケーション技術の創出

共創コンソーシアム

量子アプリ共創コンソーシアム

領域統括

中野 貴志
大阪大学 核物理研究センター センター長

領域統括 中野 貴志

プロジェクト概要

多彩な量子ビームに関わる大学・機関・企業が共同で、放射性核種・中性子・ミューオンなどの量子を高度にコントロールする新しい基盤技術を研究し、 超スマート社会の安全を支える基盤技術や、QOLの高い健康長寿社会を実現する量子の新規医療応用技術の開発を目指す。特に、IoTの発展で 世界的に使用が急増している半導体素子の宇宙線起源ソフトエラーの評価と対策、初診時進行がんに対して有効と期待されるアルファ線医学治療など 高度な量子アプリケーション技術の創出を先導する。同時に、新技術を支える高い専門性と広い視野を備えた人材を育成する。

量子アプリ共創コンソーシアム

実施体制

幹事機関:大阪大学
参画機関:理化学研究所、名古屋大学、東北大学 サイクロトロン・ラジオアイソトープセンター、東北大学 電子光理学研究センター、九州大学、 京都工芸繊維大学、量子科学技術研究開発機構、日本原子力研究開発機構、J-PARCセンター、早稲田大学
株式会社ソシオネクスト、株式会社アトックス、金属技研株式会社、イーピーエス株式会社、トヨタ自動車株式会社 計測技術部、 株式会社京都メディカルテクノロジー、住友重機械工業株式会社、日本メジフィジックス株式会社、株式会社日立製作所、 富士フイルムRIファーマ株式会社、HIREC株式会社、シマフジ電機株式会社、富士電機株式会社、中部電力株式会社、三菱電機株式会社

お問い合わせ先

大阪大学 核物理研究センター QiSS事務局
電話番号 06-6879-8924
e-mail  ou-opera[at]rcnp.osaka-u.ac.jp ※[at]を“@”に置き換えてください。


生理学的データ統合システムの構築による生体埋込型・装着型デバイス開発基盤の創出

共創コンソーシアム

埋込型・装着型デバイス共創コンソーシアム

領域統括

齋藤 直人
信州大学 先鋭領域融合研究群バイオメディカル研究所・所長、学長補佐、教授

領域統括 齋藤 直人

プロジェクト概要

生体埋込型・装着型デバイスは、これまで個々に開発が進められ、人体との相互作用についてオンリーワンの知見と技術が積み重ねられてきた。 しかし、類似した開発要素でも個別開発に委ねる非効率性や、関連する他分野の情報が不足する等の問題があった。これを解決するために、 個々の開発データを集積・解析し、開発要素ごとにデータをアウトプットする「生理学的データ統合システム」を構築し、それを体系化して新学域「生体適合システム学」を創生する。 これにより、オープンイノベーションによるデバイス開発を加速すると共に、医療機器承認取得のためのツールボックスを実現し、安全性評価を構築・標準化して、新規基幹産業を育成する。

埋込型・装着型デバイス共創コンソーシアム

実施体制

幹事機関:信州大学
参画機関:東北大学、金沢医科大学、諏訪東京理科大学、北海道循環器病院
アクテイブ株式会社、株式会社イナリサーチ、株式会社コガネイ、株式会社寿通商、株式会社サンメディカル技術研究所、帝人フロンティア株式会社、 株式会社デサント、長野計器株式会社、野村メディカルデバイス株式会社、バイオトロニックジャパン株式会社、メドエルジャパン株式会社

お問い合わせ先

信州大学 学術研究・産学官連携推進機構
電話番号 0263-37-3530
e-mail  su-opera[at]shinshu-u.ac.jp ※[at]を“@”に置き換えてください。


大規模都市建築における日常から災害時まで安心して社会活動が継続できる技術の創出

共創コンソーシアム

社会活動継続技術共創コンソーシアム

領域統括

山田 哲
東京工業大学 科学技術創成研究院未来産業技術研究所 教授

領域統括 山田 哲

プロジェクト概要

社会・経済機能の中枢機能が集約される大規模都市建築を対象に、極大地震をはじめとする自然災害に対しても、安心して社会活動が維持できる技術を創出する。 具体的には、建物の構造安全性能を大幅に向上する技術、安全性能を支える大型部材や免震・制振部材の安全性を実証する技術、設備機器類等の損傷を制御して 早期復旧を実現する技術、災害時だけでなく日常から活用できるモニタリングシステム技術、情報を安心に繋げる技術を実現する。これらの技術により巨大災害時に 首都圏で想定される百兆円規模の経済損失を防ぐとともに、将来的には技術の国際標準化を経て、世界の地震多発地域への技術展開による国際市場の開拓を目指す。

社会活動継続技術共創コンソーシアム

実施体制

幹事機関:東京工業大学
参画機関:東京大学、東北大学
九州第一工業株式会社、KYB株式会社、株式会社建研、清水建設株式会社、昭和電線ケーブルシステム株式会社、新日鉄住金エンジニアリング株式会社、 株式会社竹中工務店、帝人フロンティア株式会社、一般社団法人 日本鉄鋼連盟、株式会社人間環境デザイン研究所、フクビ化学工業株式会社、 株式会社ブリヂストン、オイレス工業株式会社、三井住友建設株式会社

お問い合わせ先

東京工業大学 科学技術創成研究院 リサーチマネジメントオフィス
電話番号 045-924-5741



TOP