量子の状態制御と機能化

戦略目標

「量子状態の高度制御による新たな物性・情報科学フロンティアの開拓」

研究総括

伊藤 公平(慶應義塾大学 理工学部物理情報工学科 教授)

概要

 量子現象をただ観るのではなく、制御して機能化するフロンティアを切り拓く独創的で意欲的な研究を本研究領域では推進します。様々な原子、分子、物質、ナノ構造、電磁波、生命体や、それらが相互作用する系に潜む量子現象の本質を紐解き、挑戦的な量子状態の操作・制御・測定をとおして新概念、新機軸、新技術の創成に大きく寄与します。これらがシーズとなり、将来的には革新的な情報処理技術、計測技術、標準化技術、通信ネットワーク技術、省エネ技術などに発展することを目指します。高度な洞察力と、理論展開・実験技術・計算技術などに支えられた実力を駆使して、量子科学とその応用の将来を世界レベルでリードする若手研究者の輩出を目指します。
 具体的には、量子が関わる物理学、情報科学、化学、工学や生物学のみならず、数理科学、物質科学、ナノ構造科学などの多岐に渡るテーマを推進し、これら異分野の連携・融合を促進するプラットフォームを構築します。

 

本研究領域は、文部科学省の選定した戦略目標「量子状態の高度制御による新たな物性・情報科学フロンティアの開拓」のもとに、平成28年度に発足しました。

領域アドバイザー

荒川 泰彦 東京大学 生産技術研究所 教授/光電子融合研究センター長
小川 哲生 大阪大学 理事・副学長
上妻 幹旺 東京工業大学 理学院 教授
小林 研介 大阪大学 大学院理学研究科 教授
高橋 義朗 京都大学 国際高等教育院(大学院理学研究科併任) 教授
谷 誠一郎 NTTコミュニケーション科学基礎研究所 グループリーダ/上席特別研究員
中村 泰信 東京大学 先端科学技術研究センター 教授
西森 秀稔 東京工業大学 理学院 教授
橋本 秀樹 関西学院大学 理工学部 教授
藤原 聡 NTT物性科学基礎研究所 量子電子物性研究部 部長/上席特別研究員
古川 はづき お茶の水女子大学 基幹研究自然科学系 教授
萬 伸一 日本電気株式会社 IoTデバイス研究所 所長代理

研究者

採択
年度
氏名 所属 課題名
その他情報




28

相川 清隆 東京工業大学
理学院
准教授
真空中の浮揚ナノ粒子に対するレーザー冷凍機の開発
加藤 真也 科学技術振興機構
さきがけ研究者
量子光学技術を駆使した生物系を含んだ散逸と量子の研究
桐谷 乃輔 大阪府立大学
工学研究科
テニュアトラック助教
分子/二次元無機膜ヘテロ界面における量子伝導の発現と制御
素川 靖司 科学技術振興機構
さきがけ研究者
極低温ドレスト原子集団の超精密制御による非可換トポロジカル量子現象の探索
田中 宗 早稲田大学
高等研究所
准教授
機械学習の高速化を指向した量子アニーリングの研究
根来 誠 大阪大学
基礎工学研究科
助教
スケーラブル分子スピン制御技術の高度化により可能になる量子情報処理の新機能
野口 篤史 東京大学
先端科学技術研究センター
特任助教
表面弾性波を使ったエレクトロメカニクスの量子制御
藤井 啓祐 東京大学
大学院工学系研究科
助教
知的量子設計による量子計算・量子シミュレーションの新機能創出
山下 太郎 情報通信研究機構
未来ICT研究所
主任研究員
超伝導位相制御素子によるスケーラブル量子技術
山本 直樹 慶應義塾大学
理工学部
准教授
フィードバック増幅による量子機能創出

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望