【小野木 章雄】膨大なレガシー栽培データを蘇生する(データさきがけ)

さきがけ研究者

小野木 章雄
小野木 章雄
東京大学
大学院農学生命科学研究科 生産・環境生物学専攻生物測定学研究室
日本学術振興会特別研究員

研究概要

近年農業でも気象などのビッグデータに基づくデータセントリックな技術革新が進んでいますが、肝心な作物そのものの性質、例えば収量や品質、に関するデータ(栽培データ)はあまり蓄積していません。それは栽培データの蓄積には年数がかかるためです。本研究ではこれから栽培するのではなく、過去に収集され利用されなくなったデータ(レガシーデータ)を蘇生し農業における新たなビッグデータを迅速に提供することを目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望