【酒向 重行】タイムドメイン宇宙観測用動画データの高速逐次処理法の開発

さきがけ研究者

酒向 重行
酒向 重行
東京大学
大学院理学系研究科附属天文学教育研究センター
助教

研究概要

次世代天文学として注目される動的宇宙の探査では天文学が経験したことのない大量の動画データが生成されます。そして、その中に稀に発生する微弱な一過性の変動現象を確実に検出し、早期に追観測へ繋げることが求められます。本研究では並列計算、動画認識、機械学習、圧縮の技術を導入することで、天文学を含む大量動画データからの微弱イベントの早期検出を必要とする科学・産業の基盤となる動画逐次解析技術の創出を行います。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望