【佐藤 彰洋】グローバル・システムの持続可能性評価基盤に関する研究

さきがけ研究者

佐藤 彰洋
佐藤 彰洋
京都大学
大学院情報学研究科
助教

研究概要

UNEPのイニシアティブの1つである”持続可能な観光”を定量的に評価するためのデータ駆動型支援システム開発に特化し、金融、輸送、観光 に関するデータフローを構築し、経済性・供給と需要の計測、移動データの収集と分析、エネルギー消費量・物質投入量の算出、労働・環境の評価 などを通じ、観光セクターにおける持続可能性を計量する情報基盤システムを現実のフィールドと相互作用的な評価を行いつつ段階的に建設する。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望