【吾郷 浩樹】二次元原子薄膜の積層システムの創製とナノエレクトロニクスへの展開

さきがけ研究者

吾郷 浩樹

吾郷 浩樹

九州大学
グローバルイノベーションセンター
教授

ホームページ

研究領域の概要

多様な原子薄膜からなる積層システムを気相成長法(CVD法)により連続合成、あるいは多重転写を行うことにより、世の中に存在しない人工的な原子積層材料を創出するとともに、層間へのインターカレーションや自己組織化膜との融合を通じて、新たな電気・光機能性を創出し、フレキシブルで省電力な次世代ナノエレクトロニクス材料へと展開していきます。

さきがけ研究者の紹介

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望