【牧 英之】ナノカーボン光・電子量子デバイス開発と量子暗号通信応用

さきがけ研究者

牧 英之
牧 英之
慶應義塾大学
理工学部 物理情報工学科
准教授
研究室ホームページ

研究概要

通信波長帯での単一光子は、絶対的に安全とされる量子暗号通信などの研究分野において近年非常に注目されていますが、従来の半導体材料では室温動作の単一光子源は実現が困難となっています。本研究では、ナノカーボンを用いた室温・光通信波長帯の単一光子光源を提案するとともに、電流注入光源、集積光技術との融合、単一光子検出器開発を行い、超小型・超高速・低コストの量子暗号通信技術を構築することを目指します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望