【井上 謙一】光操作による神経ネットワークの高解像度5D解析法の確立を目指した基盤技術開発

さきがけ研究者

井上 謙一
井上 謙一

京都大学
霊長類研究所
助教

研究概要

本研究では、霊長類を対象として、独自に確立した神経路選択的な光操作による脳機能解析法を基盤に、記録部位および刺激部位を拡大した「光刺激による神経ネットワークの高解像度5D解析法(5D=神経路x時間x3次元空間)」を達成します。これにより、特定の神経投射を介する入力が、ターゲットである脳領域内のネットワークダイナミクスにどのような影響を与え、それが行動発現にどのように寄与するのかを詳細に解析します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望