【伊藤 博】空間選択的光操作を用いた脳内生成モデルに基づく行動決定機構

さきがけ研究者

伊藤 博
伊藤 博

マックスプランク脳科学研究所
Memory and Navigation Circuits Group
リサーチグループリーダー

研究室ホームページ

研究概要

ヒトやラットは脳内に空間地図を描くことで目的地へ効率よくたどり着くことを可能にしていますが、こうした脳内モデルがどのように実際の行動決定に関わっているかはほとんど分かっていません。本研究では、光感受性たんぱく質と空間選択的光照射技術とを組み合わせることにより、特定の神経細胞群の活動を変化させ脳内モデルを操作することを試みます。これにより脳内モデルを行動に結びつける神経回路の解明を目指します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望