【野村 雄高】長波長レーザーによる超深部顕微分光システムの開発

さきがけ研究者

野村 雄高
野村 雄高

自然科学研究機構
分子科学研究所
助教

研究概要

生体深部の細胞で起きる現象を観察するために、二光子蛍光顕微鏡が広く利用されてきました。しかし、従来の二光子蛍光顕微鏡では近赤外のレーザー光を励起光として用いるため、細胞内における散乱や吸収の影響により、生体深部の細胞まで励起光が届かないという課題がありました。本研究では、さらに長波長の超短パルスレーザー光源を開発し、それを多光子顕微鏡に適用して、従来の顕微鏡の限界を超えることを目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望