【秋田 総理】フェムト秒パルス光を用いた光化学系IIの酸素発生機構の解明

さきがけ研究者

秋田 総理
秋田 総理

岡山大学
異分野基礎科学研究所
助教

研究概要

光合成は、植物や藻類などにおいて光エネルギーを化学エネルギーに変換する生化学反応で、活性中心であるマンガンクラスターが水を酸素と水素に分解し、酸素は外部に水素は電子伝達系に放出されます(光化学系II)。本研究では、その酸素発生機構を、X線自由電子レーザーと可視光レーザーを用いて解明します。Kokらによって提唱された酸素発生サイクルを解明し、人工光合成実現の基盤を確立します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望