【小笠原 慎治】光で細胞内現象を完全再現する超精密タンパク質発現操作技術の開発と応用

さきがけ研究者

小笠原 慎治

小笠原 慎治

科学技術振興機構
さきがけ研究者

研究概要

細胞内でタンパク質を発現させ過ぎれば、細胞の健全性は失われます。現在の生物学ではそんな異常下でタンパク質の機能評価をしています。本提案では、光でタンパク質の発現数を精密に操作する超精密タンパク質発現操作技術を開発します。そして、タンパク質が引き起こす細胞内現象を人工的に完全再現します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望