【中岡 慎治】構成要素の多様性が変化する系の数学理論構築と細菌群集の関わる疾患制御への応用

さきがけ研究者

中岡 慎治
中岡 慎治

科学技術振興機構
さきがけ研究者

研究概要

構成要素の多様性が変化する系は、腸内にいる細菌はじめ、様々な生命現象でみられます。腸炎など腸内細菌の多様性変化と関連する疾患が数多くしられていますが、細菌の多様性減少と発症の関連性解明はこれからの課題です。本研究では、多様性変化のダイナミクスを記述した方程式を構築して計算機シミュレーションを実施することで、疾患を誘発するメカニズムの解明を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望