【奈良 高明】函数論に基づく間接計測の数理基盤構築

さきがけ研究者

奈良 高明
奈良 高明
東京大学
大学院情報理工学系研究科
教授
研究室ホームページ

研究概要

現代社会では、所望の情報を別の物理量に変換して計測し数理的に再構成する間接計測が至るところで求められます。しかし、最適化を用いる従来法では初期解に依存し局所最適解に陥ることが大きな課題でした。本研究は、脳磁場逆問題などの非侵襲計測、燃料電池・発電機などの非破壊検査、雪崩・土砂・瓦礫埋没者探索などの防災応用に対し、函数論のもつ深遠な数理的性質を導入し、さらに最適な計測手段を開発します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望