【富安(大石)亮子】結晶学的位相問題の解を列挙する理論とソフトウェアの開発

さきがけ研究者

富安(大石) 亮子

富安(大石)亮子

山形大学
大学院理工学研究科
准教授
研究室ホームページ

研究概要

結晶の回折像から物質構造を復元する際の「位相問題」は、数学・理論上の課題が残されており、結晶学の中心的なテーマとなっています。この解決に向けて、数学分野からのさらなる貢献が望まれています。本研究では、「位相問題」を解決し、解析の核となる部分のソフトウェア開発を行うことで、実験科学分野の研究者にも理論の実効性を分かりやすい形で示すことを目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望