【伊藤 良一】水素ステーション普及のための貴金属を使用しない大規模水素生産材料の開発

さきがけ研究者

伊藤 良一

伊藤 良一

筑波大学
数理物質系
准教授

研究概要

水素は再生可能かつ環境負荷軽減の可能性を秘めた究極にクリーンなエネルギーであり、日本だけではなく世界のエネルギー事情の改善が出来うる次世代を担うエネルギーキャリアとしても期待されています。本研究では、余剰・供給が安定ではない電力を水素(エネルギーキャリア)に変換する水電解法に着目し、貴金属などの高価な触媒は使わずに水から水素を高効率に発生させることができる安価で大量に作製できる電極を開発します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望