【森 浩亮】ギ酸からの高効率水素発生を駆動する多機能集積型金属触媒の開発

さきがけ研究者

森 浩亮
森 浩亮
大阪大学
大学院工学研究科
准教授

研究概要

ギ酸からの低温水素発生を可能とするナノ構造制御した新規金属触媒の開発を目的としています。本目的を達成するため、i) 活性点の精密制御、ii) 触媒反応場の設計、およびiii) 太陽光応答性の付与の各面よりアプローチします。最終的には得られた機能を融合し、多機能集積型触媒を開発することで、既存触媒の凌駕を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望