【白石 康浩】太陽光により水と酸素から過酸化水素を合成する革新的光触媒の開発

さきがけ研究者

白石 康浩

白石 康浩

大阪大学
太陽エネルギー化学研究センター
准教授
研究室ホームページ

研究概要

過酸化水素は、常温・常圧下で液体であり、かつ水素型燃料電池と同等の出力電圧を示すため、新たなエネルギーキャリアとして期待されています。本研究では、水と酸素を原料として、太陽光エネルギーを過酸化水素に変換する光触媒プロセスを開発します。バンドエンジニアリングに基づく有機半導体あるいは有機無機ハイブリッド型光触媒の精密設計を通して、エネルギーキャリアを効率よく製造する新技術の開発に挑戦します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望