【白石 康浩】太陽光により水と酸素から過酸化水素を合成する革新的光触媒の開発

さきがけ研究者

白石 康浩

白石 康浩

大阪大学
太陽エネルギー化学研究センター
准教授
研究室ホームページ

研究概要

過酸化水素は、常温・常圧下で液体であり、かつ水素型燃料電池と同等の出力電圧を示すため、新たなエネルギーキャリアとして期待されています。本研究では、水と酸素を原料として、太陽光エネルギーを過酸化水素に変換する光触媒プロセスを開発します。バンドエンジニアリングに基づく有機半導体あるいは有機無機ハイブリッド型光触媒の精密設計を通して、エネルギーキャリアを効率よく製造する新技術の開発に挑戦します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

arrow さきがけ研究者たちの活躍(研究成果)

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望