【久保 祥一】ナノ空間制御によるキラルナノテンプレート創製と光メタマテリアルへの展開

さきがけ研究者

久保 祥一
久保 祥一
物質・材料研究機構
機能性材料研究拠点
主任研究員

研究概要

自発的に組織構造を形成する液晶高分子の内部に、機能性分子がアクセスできるナノ空間を形成させ、100 nm以下のサイズのナノコイル型テンプレートを構築します。このナノテンプレートを基に金のナノコイルを作製し、光メタマテリアルへの展開を図ります。分子レベルでのナノ空間の制御から、高分子の高次構造形成、メタマテリアルとしての先端光機能材料へと繋ぎ、超解像レンズなどの革新的光学素子の実現を目指します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望